RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価の知能低下】バイデン大統領、今さら“武漢研究所流出説”を持ち出し、コロナの恐怖を再アピール

米バイデン大統領は、コロナウイルスが「武漢研究所」から流出した可能性があるとして、決定的結論に近づける証拠を収集・分析する取り組みに力を入れ、90日以内に報告するよう情報機関に要請を出したと発表しました。

アメリカでは、トランプ大統領の在任中は、コロナはただの風邪だとして、軽視する傾向にありました。

また、トランプを支持するQアノンも、コロナウイルスが存在しないことや、コロナパンデミックが“ディープステイト”による人口削減計画であることを発信しつづけたため、「コロナは嘘」であることが既にアメリカ国内では広く認知されています。

そこで、創価学会とズブズブのバイデン大統領が、当初広まりつつあった「武漢研究所からコロナウイルスが流出した」という陰謀論を再び持ち上げ、いかにも「コロナウイルスが存在」し、「コロナは危険である」かのように庶民を洗脳しようとしているようです。

しかし、バイデンの主張こそ本当にただの陰謀論に過ぎず、一方、コロナは存在せず、コロナパンデミックが単なる茶番であることは紛れもない事実ですから、実際にバイデンが報道機関にそんな要請を出したかどうかも怪しいところです。

そもそも、バイデンはゴムマスクを被った偽物ですので、「偽物」が「真実」を語るとも到底思えません。

もはやアメリカの各メディアが報じるニュースも、真実を知っている我々の目には全てがコメディのように見えてなりません。

どうやらバイデンを操る創価学会の知能もどんどん低下しているようですので、いずれ近いうちに彼らの報じる全てのニュースがただのフィクションだったと、全世界の人々が気付くときがやってくることでしょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment