RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

YouTubeチャンネル「KAWATAとNANAのRAPT理論」に、新しく動画をアップしました。

前回の動画では、ビル・ゲイツの建てた軽井沢の別荘が、悪魔崇拝を行う施設であるとお話しました。

○ビル・ゲイツの別荘は、JAL123便事故を起こした犯人たち(九鬼家、青山家、李家)の悪魔崇拝施設だった!!

驚いたことに、この動画をアップした1週間後、ビル・ゲイツと妻のメリンダが離婚を発表しました。

その離婚の原因の一つとして、ビルが少女買春の斡旋で有罪判決を受けたエプスタインと蜜月関係にあったことが、大手メディアで報道されました。

○【少女の性的虐待】ゲイツ夫妻の離婚原因は、ビル・ゲイツとエプスタインの蜜月関係にあった!!

エプスタインは、通称エプスタイン島と呼ばれる孤島に、少女売春や悪魔崇拝を行うための施設を作り、そこで多くの政治家やセレブを招いては、少女たちに性的虐待を加え、悪魔に生贄を捧げる残虐な儀式を行ってきました。

ビル・ゲイツは2011年に、既に有罪判決を受けていたエプスタインと初対面を果たし、その翌年の2012年から軽井沢での巨大別荘の建設を始めたそうです。

彼らの行動を時系列とともに追っていくと、軽井沢の別荘はやはりエプスタイン島の代わりに建てられた悪魔崇拝施設である可能性が高いと言えます。

エプスタインが少女を集めて、セレブたちと共にどれほどおぞましい行為に耽っていたのかは、様々なブログで既に詳しく紹介されていますが、彼らイルミナティは、できるだけ残虐な方法で少女たちを殺害し、その肉を食べ、悪魔に魂を売り渡す代わりに、この世の富や地位、名誉を手に入れてきました。

しかもイルミナティは、他人を生贄に捧げるだけでなく、自分自身も本来生まれ持った性別とは逆の人間として生きていかなくてはなりません。

それが悪魔崇拝の教理だからです。

そのため、ビル・ゲイツは本当は女で、妻のメリンダは男ではないかとも噂されています。

こちらの動画では、骨格などを比較しながら、ビル・ゲイツが女である可能性について解説されています。

○ヶ゙ィッ夫妻の「君の名は。」

このように彼らは、自らも悪魔の教え通りに生きてきたわけですが、ここに来てついにその関係が破綻し、離婚に至ってしまいました。

しかし、エプスタインは2019年の時点で既に殺されていることから、ゲイツ夫妻が離婚した原因は、エプスタイン以外にもあるのではないかとも考えられます。

いずれにせよ、ビル・ゲイツとエプスタインの関係がここまで大きく報じられた以上、“世界的慈善家ビル・ゲイツ”の信用は完全に地に落ち、これからは単なる小児性愛者、悪魔崇拝者として認識され、その記憶は人々の中から永遠に消え去ることがないでしょう。

【今回お話した内容は、以下のRAPTブログの記事にも基づいてお話しています。】

○JAL123便の墜落現場の地下に世界最大級の発電所が作られているという現実。まさに悪魔崇拝の拠点でしょう。

○RAPTブログ JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。

○RAPTブログ ビル・ゲイツが巨万の富を得たのは、JAL123便が墜落したお陰である。

○ RAPTブログ JAL123便墜落事故の真実を「墓場まで持っていく」と言った中曽根康弘こそ、JAL123便撃墜の首謀者ではないのか。

また、過去のInstagramでも、今回の動画に関連した情報をいくつもお話していますので、ぜひこちらもご覧になってみてください。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)