RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

日本政府「コロナ第4波の到来が鮮明になった」と嘘をつく

政府は、新型コロナウイルス感染の「第4波」が到来したと言って差し支えないと発表し、計10都道府県で「まん延防止等重点措置」を適用することを決定しました。

緊急事態宣言の「再々宣言」発令が現実味を帯びてきた格好です。

今ここで再び緊急事態宣言が発令されれば、日本経済にさらに打撃が加わることは必至です。

コロナパンデミックを捏造した創価学会は、今以上に景気を悪化させて、破綻寸前の企業や下落した不動産を一気に買収するつもりなのでしょう。

2007年時点で、有名企業のほとんどの筆頭株主が池田大作となっており、着実に創価学会が支配を広げていることが分かります。

創価学会の息のかかった菅政権が日本経済を次々と破壊しているのは、すべての企業や組織を創価学会の支配下に置くためです。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

また、コロナが継続して得をするのも、そのほとんど全てが創価企業だと暴かれています。

○【コロナ茶番の実態】 アメリカではビリオネアが資産を44%増、8000万人以上が失業

コロナに関する政府の発表は、すべてが創価学会のでっち上げたシナリオに過ぎませんので、最初から相手にせず、むしろ創価学会に取り込まれないよう、または創価学会に潰されないように日々、注意して生活しなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)