RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

国内の医療従事者へのコロナワクチン接種が始まった2月17日から4月7日までの間、接種後20日以内に6名の接種者が死亡したことが明らかになりました。

死因の多くは、脳出血やくも膜下出血などの脳血管疾患で、世界的にもワクチン接種後に同じような症状が確認されています。

以下は、報告された6名の死亡原因の詳細です。

厚生労働省も、「これらの死亡事例のうち、ワクチンと症状名との因果関係が認められないものは1件もない」と、6人全員がワクチン接種によって死亡したことを認めています。

記事によると、「医療従事者限定でワクチン接種を開始して、わずか1か月半で6人の死亡例が発生したのは、果たして偶然なのだろうか」と結んでいますが、コロナワクチンが原因で6人が死亡したのは、誰の目から見ても明らかです。

政府は今後も、ワクチンの危険性をうやむやにしたまま、国民に接種を迫っていくでしょうが、これ以上ワクチンの被害者を出さないためにも、コロナウイルスが存在しないこと、コロナパンデミックが創価学会による茶番劇に過ぎないことを、この世に広く拡散していかなければなりません。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment