RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

アメリカの最高裁判所が「コロナワクチンはワクチンではなく、安全でもないため、全力で接種を回避しなければならない」との判決を下す

, …

アメリカの最高裁判所は8月31日、コロナワクチンをワクチンと認めず、安全性も証明できないため、絶対に接種を避けなければならないとの判決を下しました。

訴訟を起こしたのは上院議員の「ロバート・F・ケネディ・Jr」(第35代アメリカ合衆国大統領「ジョン・F・ケネディ」の甥)と科学者グループで、提訴されたビル・ゲイツと米国首席感染症専門医のファウチ博士、大手製薬会社は、過去32年間に使用されたすべてのワクチンにおいて、安全性を証明することができず敗訴しました。

ロバート氏は、コロナワクチンを接種することで、体内の遺伝物質に直接干渉し、これまで犯罪と見なされてきた「遺伝子操作」と変わらない現象が体内で起こるため、絶対に接種してはいけないと警告しています。

このようにアメリカでは着々とコロナワクチンの危険性が知れ渡り、上級国民であるはずのロバート氏までワクチン接種を反対しています。

つまり、アメリカでは裁判所が認めざるを得ないほどに、ワクチンによる被害が深刻化しているということでしょう。

一方、この日本ではマスコミや御用学者たちによって「コロナワクチンが遺伝子に悪影響を与えるとの情報はデマだ」と決めつけられているのが現状です。

しかし、政府やマスコミがどんなに情報統制し、真実を改ざんしたとしても、私たちはこうしてネットを介して正しい情報を得ることができますし、実際にもう誰も政府やマスコミの言うことなど信用していません。

創価マネーで腐敗しきった政府とマスコミが直ちに滅び去り、真実だけが配信される新たなメディアが次々と誕生していくことを心から願うばかりです。

○【アメリカ軍事法廷】ビル・ゲイツに有罪判決、10月5日に死刑執行へ 児童売買、小児性愛、ワクチンによる大量虐殺のかどで

○【創価企業Googleはワクチン会社だった】収集したユーザーのプライバシー情報を製薬会社に提供し、ワクチン製造に直接的に関与

○【米ワクチン接種により45000人が死亡】ハワイの弁護士がコロナワクチン接種強制に抗議、数千人の公務員とともに集団訴訟へ

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment