RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【警告】コロナワクチン接種者がMRI検査を受けると、酸化グラフェンが体内で暴れ回り、命に関わる危険性があることが判明

, …

コロナワクチン接種を受けると、ワクチンに含まれる酸化グラフェンによって、体に磁気性を帯びることが確認されていますが、その状態でMRI検査を受けると、命に関わる危険性があることが判明しました。

○コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」は固形化して体内に蓄積する 動物実験でも危険性が証明済み

以下の記事によると、MRI検査を受けたコロナワクチン接種者が、重篤な傷害を負っているとして警告を発しています。

○緊急の警告

酸化グラフェンは体全体に広がり、全身に磁気が発生するだけでなく、体内で金属の塊となってしまうことがあります。

そして、MRIは強力な磁場を発生させるため、接種者がMRIの中に入ると、酸化グラフェンナノ粒子が体内で暴れ回り、身体に深刻なダメージを与える可能性が高いとのことです。

実際に海外では、ワクチン接種者がMRI検査を受け、容態が悪化したケースが幾つも報告されているそうです。

ケース1

20代の若い母親が、 Covid-19のモデルナワクチン接種後、腕、胸、額にカトラリーを含む金属物が付着した状態で来院しました。

入院した彼女は、磁気を理解しようと、何度もMRI検査を受けました。

彼女の状態は悪化し、病院に入ってから1週間も経たないうちに、ウォーキングフレームを使用しないと動けなくなってしまいました。

ケース2

ファイザーCovid-19ワクチン接種治験に参加していた12歳の少女。

彼女は、継続的な尿閉、重度の便秘、口で食べ物を取ることができないと共に、胃管の配置につながる部分的な麻痺に苦しんでいました。

造影剤を使ったMRI検査を受けた直後から体調が悪化し、その後は車いす生活になりました。

彼女の母親はその時の様子を「歩けなかったのが歩けるようになり、その後、造影剤を使ったMRI検査を受けたところ、体調が悪化し、その後は車いすに戻ってしまい、理由がわかりません」と語っています。

また、以下の動画では、MRIに金属類を近付けると、どのようなことが起こるのか実験していますが、小さな金属片をMRIの中に投げ込むと、磁気に反応し、何度もあちこちにぶつかって、最終的に内部の壁面にくっついてしまいます。

ホッチキスのようなものを投げ込んでも、同じように磁気に反応し、激しく壁にぶつかります。

ワクチン接種を受けた人は、酸化グラフェンナノ粒子が無数に体内に蓄積されていますので、もしMRI検査を受けるなら、どれほど恐ろしいことになるかが容易に予想がつきます。

このようにワクチン接種は何一つメリットはなく、むしろ重篤な障害を負うことになり、最悪、死に至ることにもなりかねませんので、絶対にワクチンを接種するようなことがあってはいけません。

○「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment