芸能・スポーツ

Category
並べ替え
【日本の破壊工作】「超RIZIN」での“花束投げ捨て”騒動は、中国共産党の手先「朝堂院大覚」と「統一教会」の仕組んだ茶番だった!!

【日本の破壊工作】「超RIZIN」での“花束投げ捨て”騒動は、中国共産党の手先「朝堂院大覚」と「統一教会」の仕組んだ茶番だった!!

25日に行われた格闘技イベント「超RIZIN」で、「ごぼうの党」の代表「奥野卓志」が、試合前の花束贈呈式に登場、プロボクシング元世界5階級王者「フロイド・メイウェザー」に手渡すはずの花束を地面に叩きつ...
【エクストリーム擁護】堀江貴文、またも統一教会を全力で擁護し大炎上 さらに中共の工作機関「日本財団」とも密接に繋がっていることが発覚し、完全終了

【エクストリーム擁護】堀江貴文、またも統一教会を全力で擁護し大炎上 さらに中共の工作機関「日本財団」とも密接に繋がっていることが発覚し、完全終了

ホリエモンこと堀江貴文が7日、自身のTwitterを更新、またも統一教会の問題について自論を展開、あからさまに統一教会を擁護したため、大きな波紋を呼んでいます。 堀江貴文は「いじめはダメとか言ってるの...
統一教会を全力で擁護する著名人ら(太田光・三浦瑠麗・パックン)が国葬に賛成  国葬の2日後に控える「日中国交正常化50周年」の記念式典から国民や諸外国の目を逸らすためのスピンか

統一教会を全力で擁護する著名人ら(太田光・三浦瑠麗・パックン)が国葬に賛成  国葬の2日後に控える「日中国交正常化50周年」の記念式典から国民や諸外国の目を逸らすためのスピンか

政府は、安倍元首相の「国葬」にかかる全体の費用の概算について、今年度予算の「予備費」から支出を決めている約2億5000万円に、警備費や外国要人の接遇費など14億円余りを加え、総額で約16億6000万円...
【パックン】「統一教会」を全力で擁護し大炎上  さらに「統一教会」や中共の工作機関「日本財団」とズブズブの関係であることが発覚し、完全終了

【パックン】「統一教会」を全力で擁護し大炎上  さらに「統一教会」や中共の工作機関「日本財団」とズブズブの関係であることが発覚し、完全終了

4日に放送された「ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日系)」で、「パックン(パトリック・ハーラン)」が「統一教会」を擁護する発言を繰り返したため、ネット上で大きな波紋を呼んでいます。 パックンは番組...
【創価学会初代会長・牧口常三郎の子孫】爆笑問題の「太田光」、統一教会を全力で擁護し、炎上 親戚どうしでカルト利権を死守か

【創価学会初代会長・牧口常三郎の子孫】爆笑問題の「太田光」、統一教会を全力で擁護し、炎上 親戚どうしでカルト利権を死守か

28日に放送された「サンデー・ジャポン(TBS系)」で、爆笑問題の「太田光」が「統一教会」を擁護する発言を繰り返したため、批判が殺到しています。 太田光は、番組放送中「自分が困るくらいにお布施をあげた...
堀江貴文、「昔過ちを犯した団体を何の根拠も無しに叩くのはおかしい」「いじめと一緒じゃないですか?」と統一教会を擁護し、自ら正体をバラす

堀江貴文、「昔過ちを犯した団体を何の根拠も無しに叩くのはおかしい」「いじめと一緒じゃないですか?」と統一教会を擁護し、自ら正体をバラす

ホリエモンこと堀江貴文が26日、自身のYouTubeチャンネルに「旧統一教会叩きが過激化している件についてお話します」と題した動画を公開、統一教会を擁護する発言をしたため、大きな波紋を呼んでいます。 ...
【マスク着用の危険性】バレーボール女子アジアカップで中国代表チーム(世界ランク4位)がマスクをしたままプレーし批判殺到、さらに世界ランク74位のイランに第1セットを奪われ面目喪失

【マスク着用の危険性】バレーボール女子アジアカップで中国代表チーム(世界ランク4位)がマスクをしたままプレーし批判殺到、さらに世界ランク74位のイランに第1セットを奪われ面目喪失

バレーボールの女子アジアカップ(フィリピン)に出場中の中国代表チームが、試合中にマスクを着用したままプレーし、ネット上で物議を醸しています。 世界ランク4位の中国代表は、25日に行われたイラン戦で、マ...
【大麻ビジネスで毎月約50万ポンド(約8000万円)稼ぐマイク・タイソン】コロナワクチン接種後に車椅子生活を余儀なくされる

【大麻ビジネスで毎月約50万ポンド(約8000万円)稼ぐマイク・タイソン】コロナワクチン接種後に車椅子生活を余儀なくされる

プロボクシング元世界ヘビー級王者の「マイク・タイソン」が16日、米マイアミ空港で車いすに乗って移動しているところを目撃され、健康不安説が広がっています。 マイク・タイソンは、自身のポッドキャスト番組で...
【コロナワクチンの広告塔・益若つばさ】めまい・記憶障害・脳が働かないなどの“抑うつ”状態に  2回目の接種でモデルナの“異物混入ロット”を接種していたことを告白

【コロナワクチンの広告塔・益若つばさ】めまい・記憶障害・脳が働かないなどの“抑うつ”状態に 2回目の接種でモデルナの“異物混入ロット”を接種していたことを告白

モデルの「益若つばさ」が20日、自身のインスタグラムを更新し、抑うつ状態になっていることを明らかにしました。 今年5月、益若つばさはアメリカ滞在中に階段から落ち、腰にある仙骨を骨折、約1か月半の療養を...