RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

国際 ( 2 )

Category
並べ替え
アメリカの最高裁判所が「コロナワクチンはワクチンではなく、安全でもないため、全力で接種を回避しなければならない」との判決を下す
アメリカの最高裁判所は8月31日、コロナワクチンをワクチンと認めず、安全性も証明できないため、絶対に接種を避けなければならないとの判決を下しました。 訴訟を起こしたのは上院議員の「ロバート・F・ケネディ・Jr」(第35代アメリカ合衆国大統領...
【創価企業Googleはワクチン会社だった】収集したユーザーのプライバシー情報を製薬会社に提供し、ワクチン製造に直接的に関与
第35代アメリカ合衆国大統領「ジョン・F・ケネディ」の甥にあたる「ロバート・F・ケネディJr.」は、かねてよりワクチン接種に強く反対し、ビル・ゲイツと大手製薬会社を相手取って訴訟なども起こしてきましたが、今回、創価企業Googleとワクチン...
【イスラエル保健相】生放送中にマイクオンに気付かず「ワクチンパスポートは何の医学的根拠もなく、ワクチン接種するよう圧力をかけることだけを目的としている」と発言、全国民の前で真実をバラしてしまう
現在、イスラエルにおけるコロナ政策の一つとして、ワクチンパスポートが導入され、断固として反対する国民によって大規模なデモが行われています。 ○【イスラエル】3回接種した人のみワクチンパスポートを発行 国民は怒りの大規模デモ そんな中、同国の...
【コロナ茶番のカラクリ】コロナ感染者ゼロだったノルウェーで、ワクチン接種開始後にコロナ感染者数が激増
ここ最近、ワクチン接種の進んだ国々でコロナの感染拡大が深刻化していますが、実際はワクチンの副作用を発症した人をコロナ感染者と見なし、感染者数を水増ししていることが明らかになっています。 ○【コロナ茶番のカラクリ】厚労省が「ワクチン接種後に発...
【創価企業ファイザーは国際犯罪組織だった!!】2000年以降の数々の犯罪行為により、5000億円以上の罰金が科されていたことが発覚
コロナワクチンによって甚大な健康被害を及ぼしている創価企業・ファイザーは、2000年以降に犯した数々の犯罪により、日本円にして5000億円以上もの罰金を科されていたことが明らかになりました。 犯罪の内容は、不正請求法および関連する連邦リース...
【アメリカ軍事法廷】ビル・ゲイツに有罪判決、10月5日に死刑執行へ 児童売買、小児性愛、ワクチンによる大量虐殺のかどで
アメリカ・グアンタナモ湾で開かれた軍事法廷でビル・ゲイツに対し、児童売買、小児性愛、陰謀、マネーロンダリング、殺人、公衆衛生上の危険などの罪で有罪判決が下り、10月5日に絞首刑を執行することが明らかになりました。 軍事法廷は、5日間に渡って...
【フランス・パリ】コロナワクチン接種義務化・ワクチンパスポート導入に反対するデモが激化、内戦状態と化す
フランス・パリでは、8週間連続でワクチン接種義務化とワクチンパスポート導入の反対を訴えるデモが行われており、警察による催涙弾の使用や暴力行為により、内戦の様相を呈しています。 以下の動画では、催涙弾や発煙筒の煙がパリの街に立ち込め、逃げ惑う...
【VAERSによる報告】アメリカでコロナワクチン接種をした6歳〜17歳の子供たち73人が失明 48人が耳が聞こえなくなる
アメリカ政府は、早ければ今年10月から12歳以下の子供たち約4800万人へのコロナワクチン接種を可能にすると発表しており、ファイザーとモデルナによって今年3月から12歳未満の子どもを対象とした臨床試験が行われています。 そして9月5日時点の...
【ワクチン接種で捏造されるコロナ感染者】コロナ感染者0人だったモンゴルで、ワクチン接種キャンペーン開始後にコロナ感染者が急増
コロナワクチン接種率世界一を誇っていたイスラエルで、ワクチンの副作用を発症した人たちをコロナ感染者として計上していたことが発覚し問題となっていますが、モンゴルでも同様の手口で感染者の数を水増ししていることが明らかになりました。 ○コロナワク...
【VAERSの報告書より】ファイザー製コロナワクチンを接種した母親から母乳を飲んだ乳児が、高熱を伴う動脈の炎症・血栓により死亡
ファイザー製のコロナワクチンを接種した母親から母乳を飲んだ乳児が、高熱を伴う血栓症状で死亡していたことが、ワクチン有害事象データベース「VAERS」の報告書で明らかになりました。 母親はニューメキシコ州に住む36歳で、今年6月4日にファイザ...
【アメリカでも李家による乗っ取りが加速】米空軍パイロット27人がコロナワクチン接種を拒否して辞職 アメリカに国家安全保障上の脅威が広がる
先月9日に米国防総省が米兵に対してコロナワクチン接種を義務づける手続きを9月中旬までに行うと発表したことに伴い、義務化の違憲性をめぐって、27人の米空軍現役パイロットが辞職していたことが明らかになりました。 バージニア州ラングレー・ユーステ...