RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【存在しないコロナ】 政府の愚劣極まりないプロパガンダ集

コロナパンデミックが始まってから、一年以上が経過しました。

既に多くの人たちがコロナパンデミックは嘘で、コロナは存在せず、危険ではないと気付きはじめており、街には多くの人々が溢れるようになりました。

しかし、政府は相変わらず「コロナは危険」と触れ回り、再び緊急事態宣言まで発令しました。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

政府やマスコミは人々に対して、コロナが蔓延していると洗脳するために、様々なキャッチフレーズを用いて報道してきました。

今回はその愚劣極まりない「プロパガンダ名言集」をまとめてご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
2020年

3月「この1ヶ月が勝負」「感染爆発の重大局面」「三密」「2週間後はニューヨーク」

4月「緊急事態宣言」「アベノマスク」「ステイホーム」

5月「GWも自粛」

6月「東京アラート」

7月「この夏は特別な夏」「ウィズコロナ宣言」「夜の街 要注意」

8月「夏休みも自粛」「リモート帰省」

9月「この連休がヤマ」「自助・共助・公助」

11月「我慢の三連休」「感染拡大警報」「感染対策 短期集中」

12月「短期集中で自粛」「年末年始コロナ特別警報」「勝負の三週間」「真剣勝負の三週間」「サイレントナイト」

2021年

1月「緊急事態宣言」「最終的には生活保護がある」

2月「延長」

3月「再延長」

4月「6月までが正念場」「これまでで最大の危機」「まん延防止等重点措置」「想像を超える感染の波」「真剣に検討すべき時期に入りつつある」
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

これらのワードは、政府が戦時下に行った「国民精神総動員政策」とまるで同じです。

国民精神総動員政策とは、「欲しがりません勝つまでは」などという言葉で、国家のために自己を犠牲にして尽くすという精神を国民に植え付けるものでした。

○Wikipedia-国民精神総動員

「三密」や「アベノマスク」など、わざと耳に残るような言葉を使うのもポイントです。

こうして見てみると、イルミナティは今も昔もやっていることはほとんど変わらず、全く進歩がありません。

イルミナティは頭が悪く、一度手口を見破られてしまっても、新たな手口が思いつかないので、バレてもそのまま計画を無理やり実行するしかないのです。

彼らは今後も、コロナが嘘だとバレないように嘘に嘘を重ねていくでしょうが、その度におかしな矛盾が生じ、さらに墓穴を掘ることになるでしょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment