RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【菅政権の危機】冷えきる二階と菅の関係と佐藤浩の失脚

菅義偉と二階俊博の関係が冷え切っているようです。

菅は去年コロナ禍でのステーキ会食を批判されて以来、二階が会合に誘っても出てこなくなったといいます。

また、二階派の議員によると、菅はGoToキャンペーン停止や、緊急事態宣言の発出・解除、解散・総選挙などの重要事項も、二階にほとんど相談をしなくなっており、そのため二階は菅に対して敵愾心を隠さなくなっているそうです。

菅政権は、創価学会の力に支えられてきました。

二階は、創価学会と自民党、そして中国共産党を繋ぐパイプ役ですので、現在の政権では絶対的な影響力を持っています。

そんな二階に、菅が話を通さなくなったということは、よほど両者の関係が悪化しているということです。

また、創価学会の「政治部長」と呼ばれた佐藤浩副会長が退職したことも、菅政権にとって大きな痛手となっているようです。

菅と佐藤浩は懇意であり、これまで政府・自民党と公明党・創価学会との交渉は実質的に2人で決め、推し進めてきたという背景があります。

その佐藤浩の退職は、単なる定年退職ではなく、実は失脚だったのではないか、という噂も流れています。

創価学会の力が弱まっている今、菅政権の終わりがはっきりと見えてきました。

このようなニュースを通して、イルミナティがどれほどガタガタの状態にあるのかが、私たちの目にもよく分かります。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment