「ひろゆき」は中国共産党員である可能性大 中共の広報紙・創価新聞から取材を受け、顔写真付きでインタビューが掲載されていたことが判明

「ひろゆき」は中国共産党員である可能性大 中共の広報紙・創価新聞から取材を受け、顔写真付きでインタビューが掲載されていたことが判明

「2ちゃんねる」の創設者・ひろゆきは18日、MCを務めるABEMA「Abema Prime(アベプラ)」に生出演し、ウクライナへ軍事侵攻を続けるロシアへの経済制裁と、今後の行く末について私見を語りました。

ひろゆきは、西側諸国のロシアに対する厳しい経済制裁について触れ、「ロシアが核兵器を使用する確率を上げている」と指摘し、相変わらず中国共産党が計画・実行したウクライナ茶番を盛り上げて国民に不安を抱かせ、憲法改正に向けて世論誘導を行っています。

そんなひろゆきは、李家や創価学会の発信したい情報を拡散するインフルエンサーであることが分かっていますが、実際、過去に創価新聞から取材を受け、顔写真まで掲載されていたことが判明しました。

創価学会は、中国共産党の隠れ蓑であることが明らかになっていますので、ひろゆきももれなく中国共産党員であるものと考えられます。

ひろゆきの発言は、度々マスコミに取り上げられ、今では「ご意見番」の一人とまで見なされていますが、彼の主張は矛盾だらけで、自分の発言をひたすら自分で論破することを繰り返しながら、視聴者を洗脳し、誤誘導してきました。

以上のことからも、ひろゆきがいかに信用ならない人物であるかがより一層明白になりましたので、今後も彼の発言は決して真に受けてはなりません。

日本に侵入し、工作を続ける全ての中国共産党員に厳正な裁きが下り、一人残らず滅び去りますことを心から祈ります。

○李家のスポークスマン「ひろゆき」が「もうすぐ北朝鮮が戦争を始める」と嘘八百を言って庶民を脅し、防衛省の洗脳工作に加担

○【工作失敗】李家のひろゆきが「コロナワクチンの副作用は心の持ちようで発症する」と誰でも嘘と分かるデタラメを言い、ワクチンの危険性を完全否定

○群馬人脈=李家のひろゆきが、中国人(李家)が日本を乗っ取っていく具体的方法を自ら暴露

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment