RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【大阪市】小中学校の給食の牛乳にアルカリ洗剤混入 児童らが腹痛や吐き気訴え 国民の“牛乳離れ”を促すために意図的に起こされた可能性も

, …

大阪市の小中学校で12月8日に出された給食の牛乳を飲んだ後、児童や生徒ら27人が腹痛や吐き気などの体調不良を訴えていた問題で、調査の結果、牛乳の充填作業中に混入されたとみられるアルカリ洗剤によって体調不良を引き起こしたことが明らかになりました。

大阪市の指導のもと、製造元の「いかるが乳業」で調査を行った結果、牛乳の充填作業中に、誤って殺菌に使う設備の洗浄に用いたアルカリ洗剤が混入したことが判明しました。

市はいかるが乳業に対し、12月27日付けで始末書の提出を求める行政処分を行い、別の製造元の牛乳を給食に使用するとしています。

現在、牛乳の大量廃棄を防ぐために、積極的な消費を呼びかけていますが、同じタイミングでこうした報道が流れたため、「牛乳を飲ませたくない」という声や「わざと同じ時期に事件を起こしたのではないか」といった憶測が流れています。

また、こうした事件により“牛乳離れ”が進むのではないかと懸念する声も上がっています。

以下のツイートによると、一度食べ物に洗剤が混入されると、その味や匂いがその後もフラッシュバックするそうです。

そして、一度洗剤を入れられた食べ物は、トラウマになり食べられなくなることもあるようです。

以上のことから、今回の事件は国民の牛乳離れを促し、酪農業界を叩き潰すために、意図的に起こされた可能性もなきにしもあらずです。

現実問題として、牛乳の大量消費を促していた矢先に、こうした事件が起きるのは偶然にしてはでき過ぎています。

実際、イルミナティたちは食糧危機を起こして人々を苦しめるため、家畜にワクチンを接種して感染症を演出し、大量に殺処分を強要していることが判明しています。

○家畜の伝染病はワクチン接種が原因 食糧危機は人為的に引き起こされている

○鹿児島の養鶏場で、存在しない鳥インフルエンザウイルスにニワトリが次々と感染 3万8500羽殺処分 食糧危機を捏造するイルミナティ

○【またも群馬】ワクチン接種直後のブタが「豚熱」に感染したとして3900頭殺処分 家畜をワクチンで病気にし、食糧危機を演出するイルミナティ

このようにイルミナティたちは、様々な方法で国民の不安を煽り、自分たちの都合の良いようにコントロールし、苦しめようと悪あがきしています。

国民の食の安全や生活が守られるよう、イルミナティの滅びを続けて強力にお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment