RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナ茶番が終わらない理由】コロナ患者を入院させると、患者1人あたり944万~5916万円もの補助金が病院に入る仕組み

コロナ対策の補助金をもらった国立病院について、受け入れたコロナ患者数と補助金の関係を財務省が調べたところ、患者をほとんど受け入れていない病院までもが莫大な金を受け取っていることが分かりました。

10月に開かれた有識者会議「財政制度等審議会」の資料によると、患者を受け入れた94の国立病院に対し、2020年度だけで計947億円もの補助金が支払われたとのことです。

また、患者1人あたりの受け取り補助金額が平均の6倍以上にも上る病院があり、財務省は「補助金の費用対効果の検証が必要だ」としています。

同省が各病院の受け入れ患者数と補助金額を比べたところ、ある3つの病院では補助金を9.4億~14.8億円を受け取ったにもかかわらず、患者を25~36人しか受け入れていないことが分かりました。

つまり、この3病院では、患者1人あたりの補助金額が2610万~5916万円に達していたことになります。

補助金の平均額は、コロナ患者1人につき944万円となっており、この3病院はそれより遙かに高額の補助金をぼったくっていたということになります。

しかもこの資料は、2020年度の補助金にのみ言及していますので、本年度分まで入れれば、さらに莫大な金額に上ることになります。

○尾身茂が理事長を務めるJCHO、コロナ対策関連の補助金を351億円(132億円どころではない)受け取り、その金をもとに有価証券でさらにボロ儲けしていたことが発覚!!

○【病床逼迫はやはり大嘘だった!!】東京都医師会の幹部らの病院でも“幽霊病床”を作り、莫大な補助金をぼったくっていたことが発覚

○“幽霊病床”でボロ儲けの医師会が、“幽霊病床”でボロ儲けしている病院名の公表に反対 

コロナ茶番がいつまで経っても終わらないのは、このように政府が病院や企業に多額の税金をばら撒き、口止めしているからに他なりません。

こうしている間にも、日本人の血税がコロナ茶番に加担した悪人たちの懐にどんどん流れていますので、一刻も早くコロナ茶番が収束するよう、強力にお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment