RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【緊急事態宣言延長】企業・不動産買収を急ぐ創価学会

3度目の緊急事態宣言が始まってから、本日で1週間が経ちます。

専門家たちは、宣言を発令したものの、感染者が予想よりも減らなかったことから、宣言の延長は避けられないとしています。

政府やメディアは、日々コロナ感染者が急増している、医療崩壊が起きそうだと未だに報道しつづけています。

しかし、既に多くの人たちがコロナウイルスは嘘だと気がついており、緊急事態宣言下でも気にせず出歩いています。

政府が電車の本数を減らしたり、お店の営業時間短縮を強制しても、かえって至るところで密の状態が発生しています。

○【コロナを恐れない人々】1年前の緊急事態宣言より、約3倍の人出!!

政府が緊急事態宣言を発令する真の目的は、多くの企業や店舗を経営難に陥らせ、創価学会・創価企業が不動産や破綻寸前の企業を買収することにあります。

宣言の延長を持ちかけている専門家は、「延長する場合、単に今の対策を続けるのではなく、より広く休業を要請するなど次の手を考えておく必要がある」などと言っています。

コロナが嘘だということがさらに広く認知される前に、なんとかして店や企業を潰しにかかりたいと考えているわけです。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

しかし、もうコロナを恐れている人はほとんど誰もいませんので、これ以上、緊急事態宣言を引き延ばして自粛を強制しようものなら、各方面からの猛反発がさらに強まり、自らを窮地に追いやるだけでしょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)