RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【北朝鮮拉致問題】詐欺師・横田早紀江が菅首相に面会

日米首脳会談を控える菅首相に、横田早紀江をはじめとした拉致被害者家族たちが面会し、問題の解決を訴えました。

拉致問題は、北朝鮮と日本の支配者が親戚関係にあるという事実を隠すためにでっち上げられた「嘘」であることが、RAPT理論で明らかになっています。

政府も拉致問題をでっち上げるために、北朝鮮や拉致被害者と結託しており、「拉致問題対策費用予算」を年間約16億6千万円も税金から捻出しています。

○【北朝鮮拉致問題は嘘だった!!】横田早紀江と拉致被害者家族のドス黒い闇。

横田早紀江は旧皇族・梨本宮方子と李垠の間に生まれた娘で、その血を受け継いだ横田めぐみは、金正恩の母親です。

そして、「金正恩」と彼の祖父である金日成は、池田大作と血縁にある可能性が高いと指摘されています。

また、拉致被害者の中にも創価信者がいますので、北朝鮮拉致問題にも創価学会が関与していることが分かります。

今回の横田早紀江や拉致被害者が菅に面会したのも、国民を欺くために行われている茶番です。

菅も創価学会と深い関係にあることが暴かれていますが、現在、創価学会はガタガタの状態であり、菅内閣も今にも倒れそうな勢いです。

横田早紀江の正体や拉致問題が国家的な詐欺であることは、着々とネット上で拡散されていますので、自称被害者たちが国民から憐れみの目を向けられなくなるのも時間の問題です。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By スカッとJAPAN

    明治天皇は、大室寅之祐ではなかったことが、わかってます。
    《もう一人の「明治天皇」箕作奎吾(みっくりけいご)》(水原紫織著)
    本当は岡山県美作(みまさか、現津山市)の山窩(サンカ)という朝鮮部落の人物です!!

    この書籍は、ネットでも注目されてるようです。
    大室寅之祐にすり替えたという説は、北朝から南朝にすり替え、天皇家にはかわりないという、工作のためでした。
    顔をみても箕作奎吾に似ています。
    彼は天皇家とは縁もゆかりもない朝鮮部落の少年です。
    この情報の検証をお願いします。
    日本人は今こそ目覚めなければなりません。
    いつまでも本来の天皇家ではない第三国民の血族を、崇め奉ってきたのです。
    日本国民の多額の税金で養ってきてるのです。
    今現在も……有り得ませんね。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)