RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

日本のローカルTV局CBCテレビがコロナワクチンの危険性について具体的に報道 多くの死者が出ていることにも言及

, …

岐阜県・愛知県・三重県などで放送されているCBCテレビの情報番組「チャント!」で、アナウンサーの大石邦彦がコロナワクチンの危険性について触れ、多くの死者が出ていることに言及しました。

番組内では、コロナワクチン接種により、既に1093人も死亡しており、インフルエンザワクチンの死者数(6人)と比較しても遥かに多いことや、1093人の死者のうちの1人を診た医師(監察医)のコメントも紹介しており、「ワクチンは体内に証拠を残さないため、検査のしようがない」というワクチンの恐ろしさについて語っています。

また医師により、ワクチンによる死亡だと判断された59件の死亡事例について、厚労省が「医師の主張は主観的」だと断定し、ワクチン死の実態を揉み消していることまで述べています。

このように、地方局によってはコロナワクチンの危険性について大々的に報じており、庶民にワクチン接種を思いとどまらせようとしていることが分かります。

CBCテレビの公式YouTube動画は、どれも数百回程度の再生回数ですが、この動画のみ1日で11万回も再生されており、いかにワクチンの危険性に対する関心が高まっているかがよく分かります。

こうして庶民の間にもコロナワクチンの危険性が広く知れ渡っていますので、今後さらに接種を進めていくことは極めて難しくなるでしょう。

コロナワクチンによる被害が完全な薬害であることが認められ、一刻も早く廃止されることを心から祈るばかりです。

○【画像・動画あり】医師らの研究により、コロナワクチンが体内の赤血球を破壊する猛毒であることが発覚!!

○ファイザー製コロナワクチンを接種した医療従事者の25歳男性、精神異常を起こし、走行中の車から飛び降り自殺

○「コロナで死亡した人は一人もいない」ハワイの医療従事者が、病院内でのコロナ患者捏造・コロナ死偽装の実態を内部告発!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment