RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

コロナ自粛により自殺者が急増 コロナ死よりも自殺者数の方が多いという現実

, …

コロナ禍が始まって以降、職を失ったり、過度なストレスを抱えたりして、多くの人々が自殺していることが明らかになっています。

○【潰される日本企業】コロナ茶番のため1860社が倒産 自殺者はコロナ以前に比べ3200人増加

2020年と2021年の自殺者数を比較してみても、今年の方が圧倒的に自殺者の数が増加しています。

自殺者の中には、政府からの時短協力金が振り込まれないため、借金を抱え、鬱になって自殺をする飲食店経営者も数多くいるようです。

また、コロナ禍の影響で、女性の自殺者数も増えています。

特に主婦の場合、休校などにより、子どもと接する時間が増えたり、リモートワークにより、夫と過ごす時間が増えたりしたことで、以前よりも大きなストレスを抱えるようになっているようです。

また、コロナ禍でストレスを抱えた家族から八つ当たりされ、苦しんでいる主婦も増えているとのことです。

○増加する主婦の自殺、「家庭に逃げ場がない」の声

マスコミはコロナ茶番を煽る報道ばかり続け、こういった人々の問題にはほとんど触れようとしません。

このまま多くの国民が政府の言いなりになり、自粛を続けるなら、さらに多くの自殺者を出すことは必至でしょう。

コロナというくだらない茶番をでっち上げて人々を苦しめるイルミナティどもが、一刻も早く滅び去るよう心から祈るばかりです。

○コロナ関連の企業倒産1000件、自殺者やホームレス急増の中、政府が緊急事態宣言“延長”を検討

○【報道関係者による内部告発】日本医師会はPCR検査が不正確であることを最初から知っている

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment