RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

尾身茂が理事長を務めるJCHO、コロナ対策関連の補助金を351億円(132億円どころではない)受け取り、その金をもとに有価証券でさらにボロ儲けしていたことが発覚!!

政府のコロナ対策分科会の尾身会長が理事長を務める「地域医療機能推進機構(JCHO)」が、いわゆる「幽霊病床」を利用した補助金詐欺により、132億円もの金を受け取っていたことが明らかになりましたが、実際には、2020年度にコロナ対策で受け取った総額が、351億円にも上っていたことが明らかになりました。

2020年度における財務諸表の、「補助金等の明細」によると、交付された補助金は126件(交付額は約368億円)で、そのうちコロナ関連と思われる補助金は56件あるそうです。

この、56件の交付額は約351億円で、うち約310億円を収益計上しているとのことですが、「補助金等収益」の総計は、2019年度に比べ、311億円増の約324億円に上るそうです。

さらにJCHOは、これらのお金をもとに有価証券の運用が行われており、その運用額は2019度より130億円増の685億円となっているとのことで、これについては政府関係者の間でも既に問題視されはじめているとのことです。

しかも、2021年度に受け取った補助金の額はまだ明らかになっていませんので、実際のところ、351億円よりも遥かに多くの金を受け取っていることになります。

これを受けて、Yahoo!ニュースのコメント欄には批判が殺到し、大炎上しています。

○【独自】尾身理事長の医療法人がコロナ補助金などで311億円以上の収益増、有価証券運用は130億円も増加〈dot.〉

このように尾身会長や医師会が露骨に暴利を貪ったことで、「コロナは嘘・ただの利権」だと庶民に気付くチャンスを与えることになり、かえって大きな墓穴を掘ることになりました。

庶民の命と引き換えに、莫大な金と権威を手に入れたヤブ医者たちの悪事が全て暴かれ、一刻も早く滅び去ることを心から祈ります。

○【郡馬人脈】尾身茂が「コロナ病床確保支援金」を悪用して132億円の税金をせしめ、若者のためにインスタグラムを始めるも大炎上

○132億円もの補助金をぼったくった分科会・尾身会長が、3回目のワクチン接種を政府に提案 過去の自身の発言ともWHOの提言とも矛盾

○分科会・尾身会長のインスタグラム公式アカウントからサクラが消え、批判コメントばかりの惨状に 誰もコロナを信じていないことがバレてしまう

○【群馬人脈】尾身会長がワクチン接種は無意味だと暴露「国民の7割がワクチン打っても感染が下火になることは“絶対に”ない」

○【報道関係者による内部告発】日本医師会はPCR検査が不正確であることを最初から知っている

○【病床逼迫はやはり大嘘だった!!】東京都医師会の幹部らの病院でも“幽霊病床”を作り、莫大な補助金をぼったくっていたことが発覚

○【政府が医師会に口出しできない理由】日本医師会のドン・尾崎治夫がコロナ禍以前に2億円超の政治献金

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment