RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【ワクチン死か?】人間国宝・柳家小三治が心不全で死亡 落語界で今年“5人目”の死者

人間国宝の落語家・柳家小三治(やなぎや・こさんじ)が7日に心不全のため、都内の自宅で死亡したことが明らかになりました。

故人の遺志により、10日に近親者と直弟子ら約20人で密葬を済ませたとのことです。

柳家小三治は、長年リウマチや糖尿病などを患い、2017年に頸椎の手術をしていましたが、腎機能障害などによる入院治療を終えて、今年5月に高座復帰して以降、体調も回復し、来年まで仕事の予定が入ってました。

彼のマネジャーも「本人も全く死ぬつもりはなかったと思います」と語っています。

実は今年に入り、落語家たちが相次いで死亡しています。

5月 立川らく朝 67歳で死去 2月から療養中、病名は不明

8月 三遊亭多歌介 54歳で死去 コロナに感染し死亡(反ワクチン派で未接種だった)

8月 笑福亭仁鶴 84歳で死去 死因は骨髄異形成症候群(造血障害を起こす病気)

10月 三遊亭栄馬 77歳で死去 死因は急性心筋梗塞

このうち「三遊亭多歌介」は、ワクチンの危険性を訴え、周囲にも接種しないように警告していたため、コロナに感染したと見せかけて殺された可能性が高いと言えます。

しかし、三遊亭多歌介の死亡に伴い、同門の「三遊亭鬼丸」が8月28日に自身のツイッターを更新し、コロナは恐ろしいと人々の恐怖心を煽り、ワクチンを接種するよう強く勧めていました。

したがって落語界では、三遊亭多歌介のコロナ死をきっかけに、多くの落語家がワクチンを接種し、それによって次々と死者が出ている可能性があります。

○【画像・動画あり】医師らの研究により、コロナワクチンが体内の赤血球を破壊する猛毒であることが発覚!!

○【動画あり】コロナワクチンを接種すると、体内の血液がゼリー状となり、血栓を作ることが証明される  

○スウェーデン・デンマーク・フィンランドが、若年層へのモデルナワクチン接種停止を表明 政府が心筋炎などの副反応の危険性を認める

現在、職域接種を実施した野球界でも、多くの選手が副反応を発症し、そのうちの一人が死亡しています。

○【またも中日】平田良介外野手が、異型狭心症・頭部や左手首のしびれ・ぜんそくを発症し完治せず コロナワクチンが原因との憶測広まる

○仏テニス選手がコロナワクチン接種後、全身の激痛でプレイできずシーズン中断 次々と副反応で体調を崩すスポーツ選手たち

したがって、他の業界でも同じようにワクチンによる被害者が続出しても何ら不思議ではありません。

このように私たちの見えないところでコロナワクチンによる被害が拡大していますので、絶対にワクチンを接種しないよう注意しなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment