RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

あの手この手で宇宙詐欺 存在しない「宇宙ワイン」推定1億900万円で発売

大手競売商クリスティーズにて、国際宇宙ステーションで熟成されたワインが、当事者間によるプライベートセール方式で発売されていることが話題となっています。

アメリカのメディアによると、一本の売却価格はなんと推定約1億900万円にも上るそうです。

発売されたワインはフランス・ボルドー産の「ペトリュス2000」で、2019年11月に小型宇宙船で国際宇宙ステーションに向けて出発し、約14カ月後の2021年1月に地球へ戻されました。

宇宙ワインは、地上で熟成されたものとは異なる複雑な風味があるそうで、色や香り、味の成分に顕著な違いが認められ、風味の複雑さが称賛され、素晴らしいワインと見なされているとのことです。

しかし、「ワインを熟成させる」とは、ワインと酸素と接触させることで酸化を促進することを意味します。

果たして、酸素のない宇宙でワインを熟成させることができるのでしょうか。

もし宇宙ステーション内で熟成させたというのなら、地球で熟成させたのと何がどう違うと言うのでしょうか。

「宇宙」はそもそもイルミナティたちがでっち上げたフィクションであり、実際には存在していません。

つまり、宇宙でワインを熟成させたという話自体が全くの噓八百であり、「(宇宙ワインは)地上で熟成されたものとは異なる複雑な風味があり、色や香り、味の成分に顕著な違いが認められる」などと、よくも知ったかぶった顔をして噓をつけるものだとドン引きするしかありません。

イルミナティは庶民の目が届かないのをいいことに、宇宙についてあれこれと嘘の情報を広め、宇宙ビジネスを巨大化させようと狙っています。

○宇宙ビジネス 市場規模40兆円 イルミナティの新たな儲けの種

ワイン業界も遂にその一員に加わって、ぼったくり価格のワインを販売することにしたのでしょう。

私たち庶民は1億のワインを嗜む上級国民の道楽とは全くの無縁ですが、この先このような悪質な詐欺行為が横行しないためにも、宇宙が存在しないという、正しい情報を発信しつづけなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment