RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

菅首相とバイデン米大統領の首脳会談実施へ

菅首相とバイデン米大統領による日米首脳会談が、今月16日にワシントンで実施されます。

ホワイトハウスは、バイデンの初の対面会談の相手として、菅総理大臣を選んだと表明しました。

「日本との二国間関係と、日本の人々との友情とパートナーシップを重視していることのあらわれ」だと強調しています。

バイデンは中国共産党とズブズブの関係にありますが、菅政権を裏で支えてきた二階俊博も親中派であり、中国共産党と菅政権、そして創価学会をつなぐパイプ役として活躍してきました。

バイデンが初めての会談相手として菅を選び、日米首脳会談が実現する運びとなったのは、彼ら二人の背後に、中国共産党、そして中国共産党を設立した創価学会と李家がいるからです。

トランプ政権の時はアメリカと中国は激しく争っていましたが、バイデンは親中派ですので、アメリカを内部から弱体化させ、中国(李家)に覇権を握らせようとしています。

ところで、ネット上にはバイデンにも菅義偉にも、ゴムマスクを被った影武者がいるとの噂が広まっています。

日米首脳会談が開催されたとしても、本人どうしが顔を合わせることなく、影武者どうしで会談する可能性もなきにしもあらずです。

そういった意味では、注目すべき会談と言えるかも知れません。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 微力ですが協力します。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment