RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【高齢者】ワクチン計画進む 5月中に2000万回分の供給

河野太郎規制改革担当相は、2日の記者会見で、5月中に高齢者の半数以上に、1回目の新型コロナウイルスワクチンを供給できる見通しになったと明らかにしました。

政府は、5月23日までに約2000万回分以上が配布され、6月末までには全高齢者の2回分のワクチンが供給できると見込んでいます。

しかし先日、厚生労働省は新型コロナウイルスワクチンを接種した際、2回目から副反応が出る確率が大幅に増加したと発表しました。

○新型コロナのワクチン接種、2回目で副反応が大幅増加!35.6%から発熱症状 26歳で死亡した事例も アナフィラキシー症状は計181件

ワクチン接種によって副反応が出ると分かっていながら、全高齢者に対して2回分のワクチン配布するということは、高齢者に対して「死ね」と言っているようなものです。

高齢者はただでさえ免疫力が低下していますし、中には持病を持っている人もいますので、ワクチン接種をした際の危険度が高まることは容易に想像できます。

日本政府による「コロナ対策」は、まさに悪魔の所業としか言いようがありません。

供給されるワクチンは米製薬大手ファイザーのワクチンとのことですが、ファイザーの裏には、人口削減を企むビル・ゲイツが絡んでいます。

○軽井沢の「ビル・ゲイツの別荘」は悪魔崇拝のための宗教施設である可能性大。

ビル・ゲイツには日本人の血が流れており、生まれたときから創価学会の庇護を受けてきた人物だということが判明しています。

そもそも、コロナウイルスは存在せず、コロナパンデミックは創価学会が仕掛けた茶番であることが明らかになっています。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

ですから、ワクチンを打つ必要は一切ありませんし、なるべく多くの人々がワクチンを摂取しないように注意喚起していく必要があります。

○RAPT×読者対談〈第113弾〉ワクチンも薬もただの毒。論より証拠。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment