RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【イスラエル保健相】生放送中にマイクオンに気付かず「ワクチンパスポートは何の医学的根拠もなく、ワクチン接種するよう圧力をかけることだけを目的としている」と発言、全国民の前で真実をバラしてしまう

, …

現在、イスラエルにおけるコロナ政策の一つとして、ワクチンパスポートが導入され、断固として反対する国民によって大規模なデモが行われています。

○【イスラエル】3回接種した人のみワクチンパスポートを発行 国民は怒りの大規模デモ

そんな中、同国のホロヴィッツ保健相は、テレビ番組の生放送中にマイクがオンになっていることに気付かず、隣に座っていた内務大臣に「ワクチンパスポートは、ワクチンに懐疑的な人々に接種を強制するためだけのもの」と発言し、うかつにも全国に生中継されてしまいました。

しかもホロヴィッツ保健大臣は、「ワクチンパスポートには、医学的または疫学的な正当性はない」とも述べ、「ワクチンパスポートを導入すれば感染が抑えられる」というエビデンスはないことまでバラしました。

以下のツイートの日本語訳:イスラエル保健省(右)は内務大臣(左)に「Covidパスポートには医学的または疫学的な正当性はなく、予防接種を受けていない人に予防接種をするよう圧力をかけることだけを目的としている」と述べたと記録した。

現在イスラエルでは、3回目のワクチン接種が実施されていますが、接種した人数が増加するのに比例して、死者数も激増しています。

したがって3回目の接種をすることで、かなりの高確率で死に至ることが分かります。

イスラエル政府は、2回目のワクチン接種をしてから半年以内に3回目の接種をしなければワクチンパスポートを無効にすると発表しており、着実に国民を殺戮しようとしています。

○【イスラエル】3回接種した人のみワクチンパスポートを発行 国民は怒りの大規模デモ

このようにワクチンパスポートは、国民をより効率的に殺戮するための手段に他なりませんので、この日本でも一人一人が反対の声を上げ、何としてでもワクチンパスポートの導入を阻止しなければなりません。

○【李家・竹中平蔵の犬】宮城県の村井知事がコロナ禍に乗じて水道民営化、ワクチンパスポート推進、売国政治を次々と行い、県民の怒りを買う

○李家と創価学会の重要拠点・群馬県で、独自のワクチンパスポートを10月から導入 コロナ脳はさらなるどん底へ

○【フランス・パリ】コロナワクチン接種義務化・ワクチンパスポート導入に反対するデモが激化、内戦状態と化す

○カナダでコロナワクチン接種義務化とワクチンパスポート反対を訴える大規模デモ開催 「子供殺し!Fuckトルドー!!」と抗議し、自由党の選挙バスに群がる国民たち

○【モスクワ】市民の力でワクチンパスポートが廃止に! 日常が回復し、大通りはノーマスクの人で溢れる

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment