RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

スマートシティへの布石か 創価企業・楽天に「5G」割り当て

総務省は14日、楽天モバイル(東京)に対して、大容量通信規格「5G」用の電波を追加で割り当てると発表しました。

楽天のモバイル事業は、大手3キャリアと比べて通信エリア、質の面で明らかな遅れを取っています。

そのため楽天は、設備投資に莫大な費用を費やし、2020年12月に公表された決算では、1141億円の巨額の赤字を計上していたことが判明しました。

その救済措置が取られたのか、楽天は3月12日に日本郵政と資本業務提携の締結を発表しました。

○楽天・郵政タッグに透けて見える、「楽天モバイル」の“賞味期限切れ”感

また、楽天は日本郵政だけでなく、米ウォルマートや中国ネット大手の騰訊控股(テンセント)などから2423億円を調達する第三者割当増資を発表しています。

テンセントは、10億人が利用するWeChatを提供している企業ですが、創価企業のGoogle、KDDI、任天堂、DeNAなどと業務提携しています。

テンセントのポニー・マーCEOは、楽天の三木谷と仲が良いそうで、三木谷からの頼みで今回の出資が決まったとのことです。

そして楽天も、2007年に池田大作が筆頭株主となり、創価に買収されています。

イルミナティは未だにコロナ禍を煽ることによって、暴落した土地や破綻寸前の企業を買収し、スマートシティを建設して、国民の監視を強化しようとしています。

5G導入はスマートシティに欠かせないものですが、コロナ感染が広まっているとされる地域は、5Gの導入が早くから進んでいました。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

今回、政府が楽天に5G用の電波を割り当てたのは、創価企業の楽天を救済すると同時に、スマートシティ計画を進めるための措置であったとも考えられます。

5G導入によって生活が便利になるのはよいことですが、この世の中がこれ以上、創価学会に牛耳られることがないように、常に創価企業らの動きを注視しなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

【特集】ワクチンの危険性を知るために

ワクチンに含まれる「水銀」は脳を破壊する最強の毒 イルミナティによる人口削減の実態を専門家が暴露
ワクチンは人口削減を行うために製造された毒薬に過ぎないということを、これまで何度も述べてきましたが、ワクチンに含まれた水銀には、人間の脳を破壊する強力な毒性があります。 しかも、ワクチンに含まれる水銀の量は年々増加しており、それに伴って精神...