RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【LINE】個人情報が中国から閲覧可能だったことを明らかに

日本でメッセージアプリ「LINE」を使用する人達の個人情報が、LINEのシステム開発を委託していた中国企業からアクセスできる状態だったことが明らかになりました。

LINE本社は「利用者への説明が不十分だった」と謝罪し、現在は個人情報が閲覧できないように対策済みになっている、ということです。

LINEは創価企業のライブドア(筆頭株主が池田大作)に由来を持ち、また最近創価企業のソフトバンク(Zホールディンクス)と経営統合しました。

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了

LINEは創価学会、李家のために個人情報を収集する役割を持っていた、ということでしょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment