RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

厚労省官僚 銀座で深夜0時過ぎまで「23人の宴会」「マスクなしで会話」

, …

2度目の緊急事態宣言が解除されたばかりの3月24日、厚生労働省に所属する官僚や職員ら23人が、深夜0時過ぎまで、銀座の居酒屋で宴会を開いていたことがわかりました。

政府は「感染リスクが高まる5つの場面」に該当する行動は避けるよう指示しており、食事中もマスクをつけるように注意していました。

しかし、対策の中枢を担ってきた厚労省の職員たちは、宴会中も誰一人マスクをせずに、大きな声で盛り上がっていたようです。

なぜこのような軽はずみな行動がとれたのでしょうか。

実は、新型コロナウィルスの存在を証明する科学論文は、一つも存在しないのだそうです。

また、無症状者から他者に感染すると証明された論文もないそうです。

ネットでは、首相自らが「工作」と、口を滑らせてしまう場面が指摘されています。

コロナパンデミックは、創価学会による工作活動だと暴かれましたが、創価の息がかかった厚労省の職員は、コロナが存在しないことを知った上で、騙されている庶民を馬鹿にしながら大酒を飲んで騒いでいたわけでしょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment