RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【JALを提訴】 123便事故の遺族らがボイスレコーダー開示を求める

520人が犠牲となったJAL123便墜落事故を巡って、機体のボイスレコーダー等のデータ開示を求め、事故の遺族がJALを提訴しました。

提訴をしたうちの一人、乗客の夫を亡くした吉備素子さん(78)は、弁護団が開いた記者会見で、「日航の持っている情報を全て明らかにしてほしい。ボイスレコーダーを直接聞かせてほしい。遺族としての当然の権利だと思います」とビデオメッセージで話しています。

JAL123便事故は単なる事故ではなく、「国常立尊」を拝む「出雲族」によって意図的に起こされた生贄儀式であることが、RAPT理論により解き明かされました。

○JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。

イルミナティは、巨大な権力と利益を得るために、生贄儀式という名の大量虐殺を行ってきました。

JAL123便事故でトロンOSの技術者が死亡したことにより、トロンのライバルだったマイクロソフトが儲かったと言われています。

このようなことは、断じて許されることではありません。

事故の遺族たちは、JALが隠し持っている情報の開示を求めていますが、遺族たちもこの事故が単なる飛行機の整備不良で起こったものではないということが分かっているのでしょう。

ネット上でJAL123便墜落事故について、これだけ色々な情報が広まっているので、遺族たちも目にしているに違いありません。

墜落事故の真実が、ネット上だけでなく公の場でも明らかになり、関わった悪人たちに公正な裁きが下ることを、心から願います。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. お願い致します。1956年10月15日18時22分三重県一志郡三雲村六軒駅で発生した国鉄参宮線六軒駅事故の責任を取れという、地元民と事故犠牲者の関係団体と思われる者より凄まじい弾圧を受けています。ラプト理論によるとこの地は出雲族と関係が非常に強いようです。若いかた、修学旅行生が亡くなられております。このときソ連との平和交渉のため鳩山首相がモスクワに滞在していました。駅員であった父に何らかのミスがあったかもしれないですが、この背景にイルミナティの力があったと思えて仕方がありません。私の生き方に責めがあるとしても、兄は何一つ悪いことをしてなく大学生時代に精神病にされました。この技術はナチス時代から使われているようです。今名古屋市長選挙で押越さんが訴えられていることと同じです。JAL123便事件もそうですが、この事故の真実を公表していただければと思っています。私共も地獄ですが、この仕事をやる人達も地獄ではないでしょうか。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment