RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【岸田内閣早くもオワコン】岸田文雄は山口組とズブズブの関係 六代目山口組傘下・極心連合会“特別相談役”の矢野康夫との親密握手写真が流出

新たに首相となった岸田文雄が、指定暴力団の山口組とズブズブの関係にあることが判明しました。

2018年3月2日に大阪・梅田の「ザ・リッツ・カールトン大阪」で開かれた、自民党衆院議員・竹本直一の「新春賀詞交歓会」で、当時、自民党の政調会長だった岸田文雄と、山口組の武闘派組織として名を馳せた「中野会」の元副会長「矢野康夫」(本名・若野康夫)が、かたく握手をしている写真が週刊紙「FRIDAY」によって報じられました。

矢野康夫は、岸田家の地元である広島県の出身で、かつて山口組系二次団体の幹部などを歴任し、「中野会」の副会長も務めた“大物ヤクザ”です。

2002年に引退してカタギとなり、現在は大阪で格闘技団体「一般社団法人 競拳インターナショナル」の代表理事を務める一方で、業界内では六代目山口の二次団体である「極心連合会」の特別相談役と見なされており、“現役”と認識されているそうです。

○フライデーが報じた岸田文雄総理と握手していた元山口組幹部の若野康玄(矢野康生)とは何者か?

岸田文雄は山口組の大物幹部とのツーショット写真について、「相手の身元を確認しながら撮影することはしていない」「党所属国会議員の会合の懇談で、不特定多数の出席者から求められるまま撮影に応じた」と苦しい釈明をしています。

しかし矢野康夫は、岸田派の竹本直一が主催するパーティに出席して、岸田文雄と握手しているわけですから、最初から知り合いだった可能性は十分にあると言えます。

そもそも岸田文雄は、安倍晋三や麻生太郎と親戚関係にあり、安部も麻生もどちらも山口組とズブズブの関係にあるわけですから、岸田も同じように繋がりを持っていたとしても何ら不思議ではありません。

○【岸田文雄は安倍晋三と麻生太郎の親戚だった!!】 安倍晋三の弟を防衛大臣に、麻生太郎の義弟を財務大臣に、麻生太郎を副総裁に起用し、親戚ばかりで新内閣を固める

○安倍首相と山口組と統一教会と北朝鮮。全ては裏で一つにつながっている。

○「麻生太郎」と山口組と統一教会と北朝鮮とイスラム国。全ては裏で一つにつながっている。

○RAPT×読者対談〈第129弾〉日本は在日ヤクザに牛耳られている。(麻生太郎と朝堂院大覚と嵯峨天皇)

このように岸田文雄は、反社組織ともズブズブの関係である以上、全く信用に値しない人物であることは明らかです。

日本語をまともに喋ることもできない“日本人モドキ”の岸田文雄が一刻も早く退陣し、日本人を苦しめる“李政権”が完全に滅び去ることを心から願うばかりです。

○李家・九鬼家かつアベ友の「岸田文雄」が自民党総裁に選出 第100代首相就任へ

○【首相就任は出来レース】岸田文雄は李家かつ満州人脈の子孫!! 祖父は岸信介の側近、満州で百貨店業や不動産業を独占し、暴利を貪っていた

○【コロナ茶番のカラクリ】岸田文雄を含む自民党議員らが、製薬会社から多額の献金を受け取っていたことが発覚!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment