RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【“超”上級国民・西村康稔】ベトナム4P買春&仁風林での性接待‥それでも大臣の座に居座りつづけられる本当の理由

現在、李家による日本乗っ取り計画に加担し、緊急事態宣言の再発令まで仄めかしている西村康稔・経済再生担当大臣。

彼は、パソナの迎賓館「仁風林」で性接待を受けたことが発覚しており、これまで何度も世間を騒がせてきました。

○【仁風林接待の代償】西村大臣がテレワークを強要し、李家による日本乗っ取りを促進

○パソナ仁風林接待の西村大臣「お札のウイルス1週間生存」こじつけでキャッシュレス化を国民に訴え

しかも彼は、2012年に公務で訪れたベトナムで、自身が宿泊する高級ホテルに7人もの現地ホステスを連れ込み、うち3人と売春行為に及び、対価として600ドル払ったことが、ホステスらの証言によって明らかになっています。

こちらの記事では、西村康稔のベトナムでの売春行為について詳しく述べられています。

このようなスキャンダルをスクープされれば、大抵の議員は辞職に追いやられても不思議ではありません。

しかし西村康稔は、現在もスキャンダルなど何もなかったかのように、経済再生担当大臣の座に居座りつづけています。

では、なぜ西村康稔が未だに辞職を免れ、政治家として活動していられるのかというと、彼が筋金入りの“超”上級国民だからに他なりません。

西村康稔は、ネット上では石原軍団の「舘ひろし」に似ていると言われています。

そして、石原ファミリーは群馬人脈であることが判明していますので、西村康稔もまた、群馬人脈の一味である可能性が高いと言えます。

○【石原ファミリーの親戚か】日本版ビル・ゲイツの河野太郎、ワクチン休暇導入で接種を強要

ここから、さらに興味深い繋がりが見えてきました。

舘ひろしは、山本五十六にも似ていると言われており、山本はRAPT理論で言うところの出雲族側に属しており、当時のアメリカ大統領・ルーズベルトと密約を交わし、日本を敗戦に導いた人物でもあります。

○第二次大戦で日本が負けたのは、やはり天皇 (大和族) に対する出雲族の裏切りが原因でした。

さらに、舘ひろしは、第26代総理大臣で陸軍大臣でもあった田中義一とも似ています。

○”舘ひろし、田中義一(元首相)と親戚か?明治維新の朝鮮人テロリストの子孫!”

舘ひろし(上)と田中義一(下)

田中義一は、水俣病の原因企業となった、チッソ株式会社の創業者で「電気化学工業の父」や「朝鮮半島の事業王」も呼ばれた「野口遵(したがう)」にも似ています。

○【これが上級国民と庶民の格差】入院中の小泉進次郎と滝クリがコロナ禍の中で面会 特別待遇だとして批判殺到

左:田中義一 右:野口遵

そして野口遵は、小泉進次郎にも似ていることが判明しています。

また、野口遵は、吉本芸人のサバンナ高橋にも似ています。

○【内部告発】創価企業Facebookの言論弾圧の実態 ワクチンの危険性に少しでも触れれば、正しい情報でも削除対象に

さらにサバンナ高橋は、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグにも似ており、元宇宙飛行士の毛利衛にも似ていることが判明しています。

また、高橋にそっくりのマーク・ザッカーバーグは、ナット・ロスチャイルドに似ています。

このように西村康稔から始まり、

→舘ひろし(石原軍団・群馬人脈)→山本五十六(海軍・出雲族)→田中義一(陸軍大臣・総理大臣)→野口遵(チッソ創業者)→小泉進次郎→サバンナ高橋→毛利衛→マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック共同創業者)→ナット・ロスチャイルドまで血が繋がっている可能性が見えてきました。

したがって西村康稔は、紛れもなく出雲族や秦氏のサラブレッドであり、超上級国民だと言えます。

ですから、どんなにスキャンダルをスクープされても、未だに政治家として活動をつづけられるわけです。

今回も、神様がイルミナティの秘密をいくつも解き明かして下さいました。

どうせイルミナティどもは、こういった記事に対して「ただ似ているだけ」などと悪態をついてくるでしょうが、世間で活躍している芸能人のほぼ全員が、歴史上の人物とここまで似ている以上、単なる他人のそら似で済ませられるわけがありません。

こうして悪人たちの化けの皮がどんどん剥がされているのも、それだけイルミナティの破滅が近いことを象徴しているかのように見えます。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment