RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

オリラジ中田敦彦が「顔出し」引退宣言

13日、中田敦彦が自身のYouTubeサブチャンネル「NAKATA TALKS」の中で、2021年4月から「顔出し」を引退すると発表しました。

中田は、「YouTube大学」で370万人ものチャンネル登録者を獲得し一時的に注目を集めましたが、彼が配信する動画には間違った情報や一般の人たちを洗脳するような情報が数多く含まれていることがRAPT理論によって暴かれました。

今や中田がニュースの話題に登ると、批判や怒りの声でコメント欄が埋め尽くされるほどで、ことごとく信用を失っていることが誰の目にも分かります。

さらに中田の正体は上級国民で、板垣退助の子孫である可能性が非常に高いことが明らかになりました。

これについては、以下のYouTube動画で詳しくお話していますので、ぜひご視聴ください。

板垣退助は、歴史の授業で必ず登場し、偉人として教わります。彼が行った「自由民権運動」は、庶民でも政治に参加できるようにするための働きかけであったとされていますが、結局できあがった明治政府は「上級国民」だけが政治に関わることができる仕組みでした。

つまり「自由民権運動」は庶民に対して都合の良いことを言ってごまかす「ガス抜き」に過ぎなかったのです。

この時点で彼が庶民の味方でないことがはっきりと分かります。

さらに、「板垣退助」は「李商在」という韓国の政治家にもそっくりです。

「李商在」は、韓国初代大統領の「李承晩」のブレーンだった人物です。

「李承晩」は、李氏朝鮮の王族の子孫で「両班」という支配者階級の家系に生まれ、現代も続いている「反日思想」「反日教育」を築き上げた人物です。

そして、「李承晩」そっくりなのが福田赳夫であり、その福田赳夫の息子である福田康夫は、中田敦彦の妻である福田萌の父親であることが既にRAPT理論によって暴かれています。

オリエンタルラジオのネタやポーズにやたらと反日的な意味が込められているのは、中田自身が李家の血筋だからなのです。

さらに中田は、13代三田藩主、かつ九鬼家宗家14代の「九鬼隆義」にも似ていることが判明しました。

「九鬼隆義」は、慶應義塾を創設した「福沢諭吉」と親密な関係を築き、慶應義塾の運営にも関わったことで知られている人物です。

中田が慶應義塾大学卒というのも、単なる偶然ではないのです。

そしてこの九鬼家を通して、日本の「裏の構造」がはっきりと見えてきました。

中田敦彦は、上級国民の一人に過ぎませんが、YouTubeを通して多くの嘘をばらまいてきました。

これは許されることではありません。

そして今、真実を知った人たちが中田に対して怒りの声をあげています。

これから中田は一家でシンガポールに移住するそうですが、日本では普通に道を歩けないほど、人々から怒りを買ってしまったに違いありません。

彼があれこれと理由をつけて「顔出し」を引退する本当の理由は、このような背景があるからです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment