RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

中日ドラゴンズ・木下雄介投手、コロナワクチン接種後に死亡 マスコミはこの事実を隠蔽

6月末にコロナワクチン接種を受け、その8日後に倒れて救急搬送された中日・木下雄介投手(27)が、名古屋市内の入院先で死亡していたことが明らかになりました。

○中日ドラゴンズ・木下雄介投手がコロナワクチン接種後に「重篤」危機 人工呼吸器をつける厳しい状況

球団関係者によりますと、木下投手が死亡したのは今月の3日で、人工呼吸器をつけた重篤状態が続いていたとのことです。

木下投手は一度、プロ野球選手を諦めていたものの、必死の努力と妻の支えによって、念願のプロデビューを果たしました。

しかし、試合中に腕を負傷したため、手術を受け、復帰に向けてリハビリに取り組んでいる最中でした。

マスコミは、彼の死について大きく報じていますが、ワクチン接種を受けたことにはほとんど触れていません。

その中でも特にスポニチは、当初、記事の見出しに「コロナワクチン接種していた」との文言を入れていたにもかかわらず、すぐに修正し「コロナワクチン」の文言を削除してしまいました。

このようにマスコミは、木下投手がコロナワクチン接種によって死亡したことを隠蔽しようとしており、何らかの圧力がマスコミ各社にかかっていることは間違いありません。

コロナワクチンは私たち人間の命を危険さらす毒物に過ぎず、例えワクチン接種によって死亡したとしても、ワクチンとの因果関係は絶対に認められてもらえず、政府から何の補償も受けられませんので、絶対に接種してはいけません。

○コロナワクチン接種で751人の死亡が確認されるも、厚労省は接種との因果関係を“一件”も認めず

○【進む人口削減】アメリカでコロナワクチン3億3000万回接種で有害事象41万件、死亡6985人

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment