RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【金正日の親戚か?】猪瀬直樹コロナワクチン不足に苦言

元東京都知事で作家の猪瀬直樹が5日、自身のTwitterを更新し、コロナワクチンの供給が滞りはじめたことで個人、集団両接種の新たな予約が停止されるなどの混乱が起こっている状況に苦言を呈しました。

「6月末までにファイザー1億回分が来ているのに、なぜワクチンが足りないのか説明がいるし、すでに送り出しているなら市中在庫(自治体在庫)だろうから、どこでダブついたのか調査しなければいけない」「責任者は加藤官房長官か、河野ワクチン担当大臣か、西村コロナ担当大臣か?」と強く政府を批判しました。

このように猪瀬直樹は、ワクチン接種を早急に進めようとしているわけですが、彼もやはりご多分に漏れず、群馬人脈(李家)の一人であることが判明しました。

猪瀬直樹は、北朝鮮の「金正日」にそっくりで、歳をとる度にますます似てきています。

金正日は、大本教や創価学会を創設した一族の血縁ですので、彼とそっくりな猪瀬直樹もまた、群馬人脈の一人である可能性が非常に高いと言えます。

しかも、猪瀬直樹が作家として名を馳せたのは、西武グループの堤義明と皇族の関係について著した「ミカドの肖像」で、「第18回大宅壮一ノンフィクション賞」「ジャポニスム学会特別賞受賞」を1987年に受賞したことがきっかけです。

○Wikipedia-猪瀬直樹

この著書の題材となった「堤義明」は「堤康次郎」の息子で、「堤康次郎」は李家の血筋であることがRAPT理論によって解明されています。

猪瀬直樹が「堤義明」や西武グループについて詳しいのは、彼自身が李家をはじめとした群馬人脈の一味だからに違いありません。

猪瀬直樹がコロナワクチン不足に怒りを露わにしているのも、群馬人脈の計画した人口削減計画が鈍化していることに不満を抱いているからでしょう。

このように著名人の言動を通して、神様が次々と彼らの正体を暴いてくださっています。

想像以上にこの日本は多くの群馬人脈によって支配され、毒されていることが明らかになってきました。

これからも私たちは、イルミナティの正体を一人一人着実に暴いていき、さらなる真実を多くの人々に発信していく所存です。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment