RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【森喜朗の親戚か?】覚醒剤の後遺症に悩まされる李家の清原和博

元プロ野球選手の清原和博が、自身のYouTubeチャンネルで、覚せい剤の後遺症に今も苦しみ続けていることを明かしました。

清原和博は2016年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、昨年執行猶予が明けましたが、5年経った今でも手の震えや耳鳴りなどの症状が続き、まともに眠ることもできず、うつ病を患っていると語っています。

また、「(また薬物を)使ってしまうんじゃないか…という気がします」「耐える心が破壊されていく。一番楽なのは使うことなんです。それか、アルコールに逃げることなんです」とも語り、現在は4カ月禁酒していると明かしました。

清原和博は森喜朗の若い頃に似ていることが指摘されていますが、森喜朗の息子は覚醒剤によって死亡したとの噂があります。

さらに、薬物服用によるホステス死亡事件で逮捕された押尾学も、森喜朗の息子の罪を被った可能性があると噂されています。 

○押尾学と森喜朗の息子・森祐喜に薬の黒い噂?情報まとめ

○押尾学はなぜ悠々自適なのか……「森喜朗元首側近から2億円の口止め料」情報を追う

森喜朗は、北朝鮮の祖国平和統一委員会委員長『李善権』とそっくりなことから李家の血筋であることが判明していますが、森喜朗とそっくりな清原和博もやはり李家である可能性が高いと言えます。

さらに、清原和博は、東郷平八郎とも似ていると指摘されています。

このように、上級国民の血筋に生まれ、類稀なる才能をもって活躍したとしても、薬物に依存しなければならなくなるほど精神が崩壊し、いまだに後遺症に悩まされる人生は、不幸と言わざるを得ません。

清原が言うには、新型コロナウイルスで外出自粛が続く今、「コロナで依存症になる人、すごい多いんです。自粛、自粛で、覚せい剤使ってる人には最高の期間なんですよ。絶好調の期間なんですよ」とのことで、「僕の担当刑事さんに聞きましたけど、コロナの時期は売り上げが上がる」と懸念を伝えているそうです。

イルミナティは一人残らず裁きを受けて、不幸な末路を辿る運命にあるということでしょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)