RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

言論弾圧が十八番のGoogle 著名AI科学者が退職する

米Googleで人口知能(AI)の研究チームを率いていた著名科学者のサミー・ベンジオ氏が、4月6日、退職する考えを明らかにしました。

ベンジオ氏は「刺激的な新しい機会を追求するための退職」としていますが、同僚のAI研究者ティムニット・ゲブル氏とマーガレット・ミッチェル氏がGooleから解雇されたことが影響していると関係者は指摘しています。

Googleは創価者のラリー・ペイジが創価信者として有名で、イルミナティ、創価学会にとって都合の悪い情報は、拡散されないように徹底的に言論弾圧してきました。

コロナパンデミックは創価学会がでっち上げた茶番であるということがRAPT氏によって解き明かされましたが、Googleはこの情報が広まらないように工作してきました。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

しかし、このようなGoogleの横暴さには、Google社員たちも嫌気がさしているようで、労働組合が結成されるなど、内部分裂が起こっています。

今回退職を表明したサミー・ベンジオ氏も、同僚の解雇に抗議するだけではなく、言論弾圧に加担させられることに対して嫌気が差したのかもしれません。

不当な手段で栄えてきたGoogleから、次々と人が離れているようです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment