RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【続報】仏カトリック聖職者の性的虐待により21.6万人の子供が被害 関係者による虐待を含めると33万人が被害を受けていたことが発覚

カトリック教会の関係者による虐待行為を調査する独立委員会は5日、1950年から昨年にかけて、聖職者から性的虐待を受けた被害者が21万人を超えるとする報告書を発表しました。

先日も述べました通り、カトリック内では長年に渡って、未成年者への性的虐待が組織的に行われていることが明らかになっています。

○仏カトリック教会の司祭ら3200人以上が児童に性的虐待 カトリックは人身売買と幼児虐待を生業にする悪魔崇拝組織

報告書によりますと、被害者の8割近くは男の子で、被害を受けたときの年齢は10歳から13歳に集中しているとのことです。

さらに、教会の活動に関わった聖職者以外の人物による性的虐待を含めると、その被害者は合わせて33万人に上ると推計されています。

独立委員会のジャンマルク・ソヴェ委員長は、「体制と聖職者を擁護しようとして、組織的に隠蔽してきた」と教会の対応を強く批判しました。

しかも、カトリック関連の施設に収容された子供たちが、ワクチンなどの人体実験に利用されていたことも発覚しています。

○アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは…

このようにカトリックは組織的に人身売買・幼児虐待・虐殺を行う悪魔崇拝組織に他なりませんので、一刻も早く彼らが滅び去るよう、強力にお祈りしなければなりません。

○【エリザベス女王・ローマ法王による幼児虐殺】カナダの先住民寄宿学校の跡地で215人の子供の遺骨発見 

○現ローマ法王フランシスコに幼児虐待および人身売買のかどで有罪判決。

○ローマ法王フランシスコがバチカン祭司の「悪魔崇拝」を公に謝罪。世界にとって大きな前進です。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment