RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

米ニューヨーク市のワクチン義務付けを連邦高裁が差し止め ワクチン接種を拒否した教師28000人が職を失う危機に直面しての対応

米ニューヨーク市が公立学校の教職員全員にコロナワクチンの接種を義務付けた措置に対し、連邦高裁は24日、一時差し止めを命じたことが明らかになりました。

現在、同市でのワクチン接種義務化により、接種を拒否した多くの公務員たちが職を失うという危機に直面しています。

現在も約28000人の教職員が接種を拒否しており、もし彼ら全員が職を失うことになれば、1日で100人の教職員を失う学校も出てくると懸念されています。

ニューヨーク市の教職員は今月27日までに例外なく、少なくとも1回の接種を受けた証明書を出すよう求められていましたが、この現状を鑑み、一時的に義務付けの差し止めを命じたとのことです。

こうして接種を義務化した都市では、住民の反発が高まり、市も何らかの対応をせざるを得ない状況となっているわけですが、やはり今回の連邦高裁の判決も、ビル・ゲイツの死刑判決が影響している可能性があります。

○【アメリカ軍事法廷】ビル・ゲイツに有罪判決、10月5日に死刑執行へ 児童売買、小児性愛、ワクチンによる大量虐殺のかどで

このように世界各地で庶民の反発が起こり、着実にイルミナティを圧倒していますので、今後も一人一人がつづけて正しい情報を発信し、ワクチンの脅威から人々の命を守っていかなければなりません。

○デンマークに続きノルウェーでもコロナ茶番終了 日本もようやく緊急事態宣言解除に向けた動き ビル・ゲイツ死刑によりコロナ茶番完全終了へ

○アメリカの20州がワクチンパスポート導入を禁止、導入したのは3州のみ 日本のマスコミはこの事実を隠蔽

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment