RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【アメリカでも李家による乗っ取りが加速】米空軍パイロット27人がコロナワクチン接種を拒否して辞職 アメリカに国家安全保障上の脅威が広がる

先月9日に米国防総省が米兵に対してコロナワクチン接種を義務づける手続きを9月中旬までに行うと発表したことに伴い、義務化の違憲性をめぐって、27人の米空軍現役パイロットが辞職していたことが明らかになりました。

バージニア州ラングレー・ユースティス統合基地の第1戦闘航空団に所属する12人のパイロットが、8月27日午前4時に「同日午前10時までにコロナワクチン接種を受けるように」というテキストメッセージを受け取ってから、わずか数時間後に指揮官に辞表を提出したそうです。

既に米軍内でもワクチンの危険性が広く知れ渡っており、29歳のF-22ラプターパイロットである士官は、以下のように述べています。

私たちは定期的に健康診断を受け、飛行任務に就くためには厳しい体力基準を満たさなければなりません。

空軍のパイロットは皆、体調が良いと言っても良いと思います。

私たちは、体にかかる極度のGフォースに耐えなければなりません。

そのために、Covid-19のリスクや病気になる理由はありません。

この危険で未検証の注射を拒否するのは、私だけではないはずです

さらにその翌日には、ルイジアナ州バークスデールの第2爆撃ウィンクのパイロット15人が辞表を提出しました。

命令には、「コロナワクチン接種を拒否した士官は飛行資格を失い、不名誉除隊を含む懲戒処分の対象となる」と明記されていたそうです。

第2爆撃航空団のパイロットによると、飛行士や整備士も、軍人、民間人を問わず、何千人もの健康な人々を殺してきたワクチンを信じられないため、ワクチン接種の義務化に激怒しており接種したくないと訴えているとのことです。

そして、今後さらに多くの軍人が行動を起こすだろうとも彼らは語っています。

このように米軍内でもコロナワクチンの危険性が広く知れ渡り、多くの軍人たちが接種の義務化に怒っているため、国家への忠誠心を失いかねない事態となっています。

しかも、このまま米軍全員に接種が実施されれば、多くの軍人が副作用により、病気になるか死亡する可能性が高いため、アメリカにとって国家安全保障上の脅威となることは間違いありません。

このようにして中国人の李家どもが、中国共産党の犬であるバイデンと結託し、アメリカという国家を乗っ取ろうとしているのでしょう。

しかし、こうしたことは私たち日本人にとっても決して対岸の火事ではありませんので、一人一人が声を上げて、一刻も早くコロナ茶番を収束させ、ワクチン接種の義務化を阻止しなければなりません。

○【“超”危険人物】経済同友会・代表幹事の櫻田謙悟がコロナワクチン接種義務化を提言 日本国民全員の撲滅を狙う

○カナダでコロナワクチン接種義務化とワクチンパスポート反対を訴える大規模デモ開催 「子供殺し!Fuckトルドー!!」と抗議し、自由党の選挙バスに群がる国民たち

○【モスクワ】市民の力でワクチンパスポートが廃止に! 日常が回復し、大通りはノーマスクの人で溢れる

○【イルミナティの敗北】仏でワクチンパスポート導入の飲食店はガラガラ、庶民はパスポート不要の広場で宴会、さらに大規模デモ開催

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment