RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【世界初の反Google・Apple法】韓国でグーグル・アップルのアプリ決済強制を禁止する法案が可決 他国のビックテックへの対応にも大きく影響

韓国国会は8月31日、これまで何度も延期されてきた「グーグルパワハラ防止法」とも呼ばれている「電気通信事業法」の改正案を可決しました。

○世界初、韓国がグーグルとアップルのアプリ内課金手数料を抑制する「反グーグル法」可決

この法案は、市場を支配する2つのアプリストア(Google playストア・Appストア)向けのアプリを開発する際、グーグルとアップルがアプリ内決済システムを利用するよう、開発者側に義務付けることを禁じる内容となっています。

これまでグーグルやアップルは、独占的な地位を利用して、アプリ開発者から最大30%もの手数料をぼったくり、多額の利益を得てきましたが、今後はこのような横暴も許されなくなります。

現在、世界中からグーグルやアップルに厳しい目が向けられていますが、政府の介入により「アプリ内決済システム利用の強制」を禁止されたのは、世界初とのことです。

韓国での改正法案の成立を機に、今後、他国でも同じような措置が取られるかどうかに注目が集まっていますが、既にオーストラリアの競争・消費者委員会も、グーグルとアップル、さらにWeChatのデジタル決済システムに対する規制を検討しているようです。

これまでグーグルは、創価学会のバックアップによって巨大化してきたわけですが、創価学会の衰退とともに着実に立場が悪化しています。

○池田大作は韓国人! その事実を隠蔽する創価企業Google

○【創価企業Googleの終焉】幹部社員36人(全体の10分の1)がトップに反発し退職

○【さらに追い詰められるGoogle】米37州当局がGoogleを提訴、アプリ市場で独禁法違反

○【加熱する秦氏と出雲の争い】トランプ前大統領、Google、Facebook、Twitterの3社を相手取り集団訴訟

○Google、英大手デイリーメールの親会社から提訴 世界一の嫌われ者へ

グーグルは、創価学会による凶悪犯罪や、コロナの真実をことごとく隠蔽してきた史上最大の悪徳企業の一つですので、一刻も早く滅び去ることを心から祈るばかりです。

○創価企業のGoogleがブラック企業化 在宅勤務を続ける職員の給与最大25%削減し、コロナワクチンを強要 

○Googleマップは登山客を死のルートに案内する殺人アプリだった!

○【三浦春馬の死の謎に迫る】Googleで「エプタイン島」と検索すると「豊島」がヒットする怪!! 淡路島やディズニーランド、ジブリの森も

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment