RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【国際テロ組織は存在しない】解体作業したビルを空爆したと発表するイスラエル軍 ユダヤ人は息を吐くように嘘をつく

イスラエル軍は15日、パレスチナ自治区ガザ地区に「ハマスの拠点がある」として、米AP通信などの報道機関が入居するビルを空爆しました。

報道機関に対しては事前に通告があったため、記者らに負傷者は出なかったものの、バイデン大統領は15日の電話会談でイスラエル大統領のベンヤミン・ネタニヤフ首相に懸念を示し、AP通信も「世界は、ガザで何が起きているのかを知ることができにくくなる」と抗議しているとのことです。

このようにパレスチナでは、今でもテロ組織が民間人を攻撃しているかのように各メディアで報道されていますが、今回の空爆の様子をよく見ると、空爆されたはずのビルが、まるで解体工事でもされているかのように根っこから崩れている様子が確認できます。

また、イスラエル軍が14日に、Twitterで「ガザで地上攻撃を行っている」と発表したことで、米紙ワシントン・ポストやニューヨーク・タイムズなどが「地上侵攻」と速報しましたが、実際は侵攻しておらず、軍が2時間後に情報を訂正するという騒ぎがありました。

イスラエル軍が誤情報を流したのは、ハマスを攪乱し、彼らが出撃のために集まったところを一斉に攻撃するためだったとしていますが、外国メディアから抗議を受けたイスラエル軍は、その後「報道官の純粋なミス」と釈明しています。

RAPT理論では「国際テロ組織は存在しない」ということが既に暴かれていますが、今回のイスラエル軍による空爆も、「国際テロ組織は存在する」と全世界の人々に思い込ませ、洗脳するために、単にビルを解体した映像を「空爆された」と偽って報道したものに過ぎません。

○RAPTブログ アメリカCIAがねつ造したテロ組織アルカイダ。原油価格つり上げのためバクダッド侵攻を表明。

○バイデン大統領 アフガニスタンの米軍を完全撤収へ

○【存在しない国際テロ組織】バイデン「アルカイダは弱体化した」と声明 アフガン撤退を強調

そもそも、ハマスはテロ組織などではなく、れっきとしたパレスチナの政党です。

ハマスは、2004年12月のパレスチナ地方議会選挙において過半数の議席を獲得し、さらに2006年1月のパレスチナ評議会選挙でも定数132の議席中で76議席を獲得しています。

ですから、ハマスを単なるテロ組織として報道するのは、完全なミスリードと言うしかありません。

もしハマスがテロ組織だと断定されるなら、この日本でテロや大量殺戮を行なってきた自民党や公明党こそ、最も憎むべき“テロ組織”として断定され、駆逐されて然るべきです。

イルミナティは未だに性懲りもなく、国際テロ組織が存在しているかのように装い、人々の不安を煽りながら、軍需産業でボロ儲けしようと企んでいます。

コロナに関する報道と同じく、政府やマスコミが報道することは全て100%嘘ですから、彼らの言うことは一切相手にしてはいけません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment