RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

池田大作は韓国人! その事実を隠蔽する創価企業Google

公の場から姿を消して久しい創価学会3代目会長の池田大作は、自身の出自を隠し、日本人になりすまして悪事の限りを尽くしてきました。

池田大作の非人道的な行動や発言から見えてくる人間性は、とても同じ日本人とは思えません。

池田大作は、本名を「ソン・テチャク」と称する韓国人であり、その両親も韓国人です。

しかし、この事実はネット上では広く知られているものの、公の場では池田大作は日本人ということになっています。

池田大作は強い反日思想の持ち主で、彼が韓国に建立した碑文には、凄まじい反日表現と韓国への敬愛の念を記しています。

https://twitter.com/onigiri2111/status/1302439575646736391?s=21

生前池田大作は、信者から巻き上げた多額の金を世界中にばら撒き、絶大な権力を手にしてきました。

その中でも韓国では、池田大作が誰を大統領に就任させるかを決定しているというから驚きです。

ここまで来ると、池田大作が韓国人であることは疑いようのないことですが、Googleの検索エンジンではこのような情報がヒットすることは一切なく、池田大作の出自を意図的に隠しています。

一方、他の検索エンジンで池田大作について検索すると、彼の出自が韓国人であること、彼が既にもう既に死亡していること、彼の犯罪歴などが次々とヒットします。

こうして見比べてみると、いかにGoogleが検索結果を操作しているかがよく分かります。

Google創業者のラリー・ペイジは創価信者ですので、創価学会や池田大作にとって不都合な情報はすべて徹底的に弾圧しているのです。

池田大作は、もともと生長の家の信者だったことが明らかになっていますが、生長の家は大本教の思想を基に創設された宗教団体であり、池田はここで大本教の思想を学びました。

現在の創価学会が、大本教の悪魔的な思想をそのまま反映しているのは、このような背景があるからです。

池田大作は創価学会の権力を利用して「総体革命」という名の世界征服を目論んでいましたが、このルーツを辿っていくと大本教の出口王仁三郎に行き着きます。

○RAPT×読者対談〈第106弾〉出口王仁三郎と日本軍による世界征服計画とその失敗。

実際に池田大作は、出口王仁三郎が実現させようとしたイルミナティによる世界征服を実行しようと目論んでいました。

しかし、大病を患い、あまりの苦しみに七転八倒して、2012年には死んだとされていますので、結局、その野望を達成することはできませんでした。

○池田大作は既に死亡していた

創価学会は未だに池田大作の死を隠蔽しつづけていますが、信者たちは池田の死にすでに気付きはじめ、脱会者が後を経ちません。

しかも、メディアの報道を通して創価学会の衰退ぶりが次々と報道されていますから、情報操作を指示する余裕や権力すら失ってきているようにも見受けられます。

創価学会の滅亡はもう間近でしょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment