RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【上級国民のルーツ】かつて在日朝鮮人の居住地だった「田布施」 鹿児島・山口・佐賀3県に存在

「田布施システム」という言葉が広く知られるようになり、田布施に住んでいた人々やその親戚が、歴代首相や様々な著名人となってこの日本を支配してきたということが明らかになっています。

田布施に暮らしていた人たちの多くは、大陸から渡ってきた朝鮮人で、李家です。

田布施という地名は、鹿児島県と山口県にあり、両方とも在日朝鮮人が多く住み着いていた地域として知られています。

そして、実は佐賀県にも、田布施という地名があることが判明しました。

佐賀県は、創価信者の「はなわ」が歌のテーマにしていた県ですが、イルミナティにとって重要な地のようです。

https://twitter.com/zhuyang201704/status/1375412234109689857?s=21

上のツイートに出てくる上皇后・美智子と皇后・雅子は、創価学会と非常に深い関係にあります。

創価信者のはなわが、わざわざ佐賀県をテーマにした歌を歌い、それをメディアがもてはやしたのは、このような理由があったのです。

また、佐賀県は「薩長土肥」の「肥」の地域にあたります。

薩長土肥の出身者たちが、「明治維新」を機に絶大な権力を握り、その子孫たちが、今でもこの日本を支配しつづけています。

そして安倍晋三の妻「安倍昭恵」の実家である「森永家」もまた、佐賀県出身でした。

森永製菓を創業した「森永太一郎」は、佐賀県伊万里市の出身で、伊万里焼の卸問屋の家系に生まれています。

伊万里焼は、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に、朝鮮人の陶工らを日本に連れ帰り、陶器製造に従事させたことで作られるようになった工芸品です。

そして、伊万里焼の生みの親として崇められているのが「李参平」という朝鮮人でした。

森永家が、このような地域の出身ということは、森永一族もまた朝鮮人である可能性が高いです。

つまり、山口の田布施から出た安倍晋三が、佐賀の田布施から出た森永昭恵と結婚したというわけで、結局のところ、李家どうしの結婚だったというわけです。

今も昔も、結局は同じ一族、そして在日朝鮮人がこの日本を支配しつづけているのです。

ちなみに、田布施システムについては、以下の記事でRAPT氏が詳しく解説してくださっていますので、ご参照ください。

○日本が朝鮮人に支配されているという証拠。「田布施システム」こそが朝鮮人と金融ユダヤによる日本支配の始まり。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment