RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

WHOがコロナワクチン3回目接種を抗体不十分の人にのみ推奨 やはりビル・ゲイツ死刑の影響か?

, …

WHOは11日、3回目の追加接種について、感染を防ぐ抗体が十分にできなかった人に限り推奨すると発表しました。

WHOはかねてより、発展途上国にもワクチンを行き渡らせなければならないとして、追加接種を推奨せず、「3回目の必要性に根拠はない」とも発表していました。

○WHO「コロナワクチン3回目接種の必要性は根拠なし」

○WHOが18歳以下の若者はコロナワクチンを接種すべきでないと発表するも、日本の政府もマスコミもガン無視

しかし、過去の記事でも述べましたように、アフリカ諸国においてもワクチンの危険性が知れ渡り、コンゴに至っては提供されたワクチンの7割を返還したと報じられました。

○【ワクチンは危険=世界の常識へ】人口削減計画の標的だったコンゴ共和国、国際支援で受け取ったコロナワクチンを7割返還「接種会場に誰も来ない」

○コロナワクチン接種を不要としたブルンジ、タンザニア、ハイチの大統領が3人とも死亡 イルミナティによる暗殺の可能性大

したがって、WHOの「ワクチンが途上国で不足している」との言い分は嘘で、コロナワクチンの接種を減らして、茶番からフェードアウトしようとしている可能性があります。

WHOは、ビル・ゲイツによる人口削減計画を成功させるために存在しているようなものですから、そのビル・ゲイツが死刑に処された今、彼らの立場も同じように追い詰められているのかも知れません。

○ビル・ゲイツ、10月1日に絞首刑が執行され死亡 首の骨が折れず、最後まで苦しみもがいて死ぬ

○ビル・ゲイツの支援団体「WHO」の職員ら83人がコンゴ民主共和国で少女や女性に性的虐待 13歳の少女が妊娠する被害も

しかし、このようにWHOですら3回目のワクチン接種に消極的になっているにもかかわらず、岸田首相はそんなWHOの意向を無視して、3回目の接種を12月から医療従事者を対象に始める方針を明らかにしています。

○岸田首相、ワクチン3回目接種「早ければ12月から」…調整急ぐ考え

これ以上、ワクチンによる被害者を出さないためにも、続けてワクチンの危険性を広く拡散し、多くの尊い命を守っていかなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment