RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

イギリスでコロナワクチン接種後に失明255名

イギリスではコロナワクチンの副作用によって、失明した人が255人にも上ることが明らかになりました。

ヨーロッパ全体では、ワクチン接種の副作用により、失明を含む「眼障害」を患った人が19,916人にも上るそうです。

○ヨーロッパで報告されたCOVIDワクチン後の失明を含む19,916の「眼障害」

症状の内訳は、以下のようになります。

  • 目の痛み(4616)
  • かすみ目(3839)
  • 羞明または光不耐性(1808)
  • 視覚障害(1625)
  • 目の腫れ(1162)
  • 眼の充血または赤目(788)
  • 眼の刺激(768)
  • かゆみを伴う目または目の掻痒(731)
  • 涙目または流涙の増加(653)
  • 複視または複視(559)
  • 眼精疲労または眼精疲労(459)
  • ドライアイ(400)
  • 目の周りの腫れまたは眼窩周囲の腫れ(366)
  • まぶたの腫れ(360)
  • 視力または光視症の分野での閃光(358)
  • 失明(303)
  • まぶたの浮腫(298)
  • 目または眼の不快感(273)
  • 結膜出血または小眼血管の破損(236)
  • 眼瞼けいれんまたは眼筋の異常な収縮(223)
  • ガラス質フローター(192)
  • 眼窩周囲浮腫(171)
  • 眼の出血(169)

メーカーを問わず、コロナワクチンは接種した後に体内で血栓を形成する恐ろしい毒性を持っています。

血栓ができる場所によって体に表れる症状は変わりますが、眼球の周辺に血栓ができれば、失明になってしまう可能性が高いです。

ワクチンにはアルミニウムと水銀が含まれており、これらが反応すると「アマルガム」という物質が生成され、膨張していきます。

こうした有害物質が体内に血栓を生じさせていくわけです。

○なんだこれ! アルミと水銀を混ぜると塔やおばけのような物体がにょきにょき生えてくる

このように得体の知れない奇妙な物質が体内で作られていくわけですから、何らかの重篤症状に陥ってしまうのは当然のことだと言えます。

特に水銀やアルミニウムは、確実に脳に深刻なダメージを及ぼしますので、非常に危険です。

○ワクチンに含まれる「水銀」は脳を破壊する最強の毒 イルミナティによる人口削減の実態を専門家が暴露

このようにコロナワクチンは、私たち人間から健康も命も奪ってしまう殺戮兵器に他なりません。

自分だけでなく、家族や知人など全ての人たちの尊い命を守るためにも、ワクチンに関する正しい情報を身につけ、周囲の人々に広く述べ伝えていかなければなりません。

○イルミナティが人口削減について会議している映像がネット上に流出

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment