RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

RAPT理論広まる!? ヴィーガンを止める有名人が続出 アン・ハサウェイもヴィーガン卒業

イルミナティは数々の有名人を広告塔に使い、大本教・生長の家(創価学会)の悪魔教思想である『ヴィーガニズム』を世に広めてきました。

しかしここ最近、広告塔としてヴィーガンを実践してきた有名人たちが「ヴィーガンを止めた」というニュースが相次いでいます。

オスカー女優のアン・ハサウェイも、ヴィーガンが素晴らしいものだと宣伝してきましたが、俳優マット・デイモンとの会食の際にサーモンを食して「脳内でコンピューターが再起動しているような感じがした」と語り、それ以来ヴィーガンを卒業したとのことです。

アンはヴィーガン生活をしていた当時のことを振り返り「とにかく良い気分でも、ヘルシーな気分でも、パワフルな気分でもなかった」と語っています。

特に、重さ18kgの宇宙服を毎日着て演技をした映画『インターステラー』の撮影中は、食事制限から来る悪影響に悩まされ、ヴィーガンをやめて魚や肉を取り出した後からは体調が良くなったと明かしています。

「成功者はヴィーガンが多い」と語っていた中田敦彦も、結局、挫折して焼肉を食べ、ヴィーガン宣言をしたローラもいつの間にか肉料理を友人たちに振る舞っていました。

○【悲報】ヴィーガン飽きたローラ「豚汁と肉じゃが作ったよ!」

これまで、ヴィーガンが健康を害する危険があること、カニバリズムにも繋がる危険なカルト思想であることをRAPT理論を通してお伝えしてきました。

ヴィーガンを熱心に実践したイルミナティたちの中には、実際に何かしらの不調が出る中でRAPTブログを読み、カルト思想に騙されていたことに気付いて納得した人もいたかも知れません。

○ヴィーガンは大本教・生長の家のカルト宗教思想だった!!「肉を食べない=健康」は大嘘!!

○RAPT×読者対談〈第132弾〉リチャード・コシミズの正体。(麻生太郎とアヘン貿易の仲間たち)

このようにヴィーガニズムは誰も幸せにしませんし、むしろ自ら体を不健康にしてしまう危険な思想ですので、絶対に騙されてはいけません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment