RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【元飛行教官の証言】飛行機の操縦士になれるかどうかは「金」と「運」次第

航空会社勤務の操縦士が、飲酒をしたり、副操縦士同士で乱闘騒ぎを起こしたり、といったニュースをよく目にします。

○元CA的立場から見たパイロット飲酒問題の根深さ

飛行機の操縦士になるためには、たくさん勉強して、ものすごく努力しないとなれないというイメージがありますが、元飛行教官の証言によると、「運」と「資金力」があれば誰でも操縦士になれるのだそうです。

飛行機は、経験さえ積めば、誰でも操縦できるようになっているのだとか。

JALもANAも創価企業で、JALにおいては社員の多くが創価信者だという話もあります。

操縦士に適した能力や人格で適任者を選ぶのではなく、それこそコネがある人が合格しているのでしょう。

実際にJALは、創価信者の採用枠を作り、創価信者をCAの仕事に就かせ、乗客として搭乗する高級官僚との出会いの場として飛行機を利用し、結婚させて、創価人脈を形成していったと言われています。

ですから、操縦士にも創価枠があっても何らおかしくありません。

○大マスコミが決して記事にしないJALと創価学会の関係。創価枠が作られCAなどに採用されている。JALも大マスコミも創価枠

また、操縦士を育成する学校の一つ、「学校法人日本航空大学校」では、教材に谷口雅春の著書を取り入れていますし、理事長の梅沢重雄は、教育勅語を重要視する極右思想の持ち主です。

○「日本会議=生長の家」と黒い人脈。全ての悪は「生長の家」に通ずる。

そしてANAは、2017年に乗客が乗った航空機で、JAL123便墜落事故と同じ状況を意図的に作り出し、乗客を恐怖のどん底に突き落としました。

1985年に起こった、JAL123便墜落事故は、乗客を悪魔の生贄として捧げるために意図的に起こされた大量虐殺事件です。

○RAPT JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。

彼らは今でも同じようなことをして、悪魔に生け贄を捧げることを目論んでいる可能性があります。

このように航空会社の闇は深く、とても安心して命を預けられるような企業ではありません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment