RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナの恐怖を煽る】 日本料理界の重鎮、神田川俊朗が死去

大阪市内で複数の料理店を営み、テレビにも多数出演してきた料理研究家の神田川俊郎(81)が、25日に死亡しました。

死因は肺炎とされていますが、神田川俊郎は生前にコロナの感染が確認されており、大阪府内の病院で治療を受けていたとされています。

そのため、コロナを信じている人の中には、神田川俊郎の訃報を聞いて、真っ先にコロナが原因で死亡したのではないかと考える人もいるに違いありません。

特に、彼と近くしてきた人は大いに不安を感じることでしょう。

○神田川俊郎

神田川俊朗は、李家のビートたけしから「神田川のオヤジ」と慕われるなど、日本料理界だけでなく、テレビ業界でも重鎮として活躍してきました。

創価企業フジテレビの「料理の鉄人」に何度も出演し、門下生を同番組に出演させるなど、創価人脈との繋がりもあります。

○全日本調理師協会名誉会長として多くの門下生を抱える料理人「神田川俊郎氏」

創価学会は、神田川俊朗が長年大阪で店を構えてきたことを利用し、緊急事態宣言下の大阪で、地元と馴染みの深い有名人がコロナで死亡したと宣伝し、コロナの危険性を煽ろうとしているに違いありません。

ワクチン接種の勢いをつけたいがために、たまたまこのタイミングで死亡した神田川俊朗を、無理矢理コロナと結びつけて報道している可能性もあります。

コロナに感染しても無症状の芸能人が続出する中、神田川俊朗は突然自宅で倒れてコロナ感染が発覚したと言われてますから、ますますその疑いを強めるしかありません。

しかし、どれだけ有名人のコロナ感染が騒がれようとも、私たちはコロナが存在しないことを知っていますので、多くの人々を安心させるためにも、続けて正しい事実を拡散していかなければなりません。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment