RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

Jリーグと日本野球機構が、丁寧な説明と対応でワクチン接種による選手らの殺戮を推進

Jリーグと日本野球機構は6日、38回目となるコロナ対策連絡会議を行い、専門家チームから、最新の感染状況の報告やワクチン接種率を高めるための助言を受けたほか、濃厚接触定義を厳しくすることについての議論も行われました。

Jリーグの村井満チェアマンは、コロナワクチンの接種状況について、「1回でも行ったクラブが全体の95%。選手個人で見ると、2回接種を終えたのは70%を超える」と述べ、接種が進んでいることをアピールしました。

また、村井チェアマンは「ワクチン接種には地域差もあり一様ではないが、丁寧に選手に説明をして誤解を解き、試合日程などの条件をケアしたクラブは、接種率が極めて高い。一部まだ誤解をもっている選手がいるとも認識しているので、丁寧な対応をしながら(接種の)数を上げていこう、という議論だった」と述べました。

このようにサッカーと野球界では、ワクチンを危険視する選手たちにまで半強制的に接種をさせ、殺戮しようと計画しています。

先日、中日ドラゴンズの木下投手がワクチン接種により死亡し、谷本投手も体調不良で試合に姿を見せなくなりましたが、他のチームの選手たちもこの事実を知らないはずがありません。

○中日ドラゴンズ・木下雄介投手、コロナワクチン接種後に死亡 マスコミはこの事実を隠蔽

○中日ドラゴンズ谷元圭介選手が7月に体調不良で交代後、一度も登板なし‥死亡した木下選手と同じくワクチン接種が原因か

スポーツ選手たちがワクチン接種をすると、仮に死亡しなかったとしても、様々な副作用を発症して、選手生命を絶たれたも同然の状態となってしまいます。

○ファイザーやモデルナ製ワクチン接種後、心筋炎を発症する若い男性が想定以上に続出 これでも“陰謀論”と言えるのか?

○【画像・動画あり】医師らの研究により、コロナワクチンが体内の赤血球を破壊する猛毒であることが発覚!!

東北大・賀来満夫教授率いるコロナの専門家チームは、この事実を分かっていながら、選手たちに接種を勧めているのですから、もはやサイコパスの集団としか言いようがありません。

そこまで選手たちを信用させたいのであれば、先ず専門家たちが選手らの目の前で、自らの体にワクチンを接種し、安心させてあげればよいのではないでしょうか。

○プロスポーツ選手のコロナ対策専門家・三鴨広繁が3回目接種を推進 中日の職域接種説明会を担当し、選手をワクチンで次々と殺害

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment