RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価信者の尾木ママが小中学生ワクチン接種を歓迎 「極めて効果的な戦略」と子供たちの虐殺を推進

教育評論家の“尾木ママ”こと「尾木直樹」が7日、自身のAmeba公式ブログを更新し、京都府伊根町に続き神戸市や他の自治体でも保育士・先生たちや学童でも接種が始まっていることについて、「極めて効果的な戦略ですね」と述べ、子どもたちへのワクチン接種に強く賛同しました。

また、尾木ママは、接種方法にも様々な工夫が生まれていることから「俯瞰的アプローチをしてほしい」との姿勢を示しており、「ワクチン政策、さらにパワーアップして20日まで一気に進めたいですね」と、緊急事態宣言解除までのワクチン接種環境の拡充を訴えました。

しかし現実には、京都で小中学生へのワクチン接種を開始したとたん、批判の声が殺到しており、いかに人々がワクチンを歓迎せず、むしろ拒絶しているかが明らかになっています。

○【創価王国】京都で進む子供の人口削減 12~15歳へのコロナワクチン接種で批判殺到

このような中でも、尾木ママはワクチンの危険性について一切触れることなく「極めて効果的な戦略ですね」などとブログで発言しているわけですが、要するにワクチンで子供たちを殺戮するには「極めて効果的な戦略ですね」と言いたいわけでしょう。

そんな「尾木ママ」も、もれなく創価信者であり、かつ創価企業のシオノギ製薬とズブズブです。

https://twitter.com/9n7ewqtutsamatw/status/1292358073407778816?s=21

尾木ママは、今やテレビ番組で「教育者」として持て囃されていますが、その本性はワクチンで子供たちを殺戮したくて仕方がない「殺人狂」のようです。

コロナワクチンは、接種すれば数年以内に死亡する確率が非常に高いため、子供たちに接種を勧める行為は、彼らの未来を完全に奪い取る“虐殺行為”に他なりません。

○「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

平然と子供たちの人口削減に加担する尾木ママは、教育者の風上にも置けません。

ワクチンの危険性が明らかになった今でも、こうしてワクチン接種を勧めるということは、庶民の命など何とも思っていないという証拠です。

こうしてイルミナティどもの本性が次々と炙り出されている今、彼らにさらに恐ろしい裁きが下り、ことごとく滅び去ることを心から祈るばかりです。

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

ファイザー元副社長のイードン博士 ワクチンの危険性を告発していた!!

米ファイザー “コロナ特需”でボロ儲け コロナワクチン売上2兆8300億円となる見通し

ファイザー製ワクチンを接種した母親の乳児が死亡

【韓国】90歳女性、ファイザー製ワクチン接種2時間後に死亡

【一億総接種】ワクチンで日本人を皆殺しへ 河野太郎ファイザーと合意発表

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment