RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【池田大作の隠し子】女優・長澤まさみ、カルト思想の「昆虫食」を宣伝

数々の映画やドラマのヒロインを演じる「長澤まさみ」が、殺人的なハードスケジュールの中、栄養補給のために「コオロギラーメン」などの昆虫食にハマっていると、各メディアが一斉に報じています。

○長澤まさみ、コオロギ100匹ラーメン試食「コオロギの顔がすごく品がいい」

○長澤まさみ「昆虫食食べたい」コオロギラーメン絶賛

現在、昆虫食は「環境に良い」「栄養価が高い」などとメディアでさんざん持て囃されていますが、実はもともと昆虫食は「大本教」や「生長の家」などのカルト思想に由来しているものです。

○ヴィーガンは大本教・生長の家のカルト宗教思想だった!!「肉を食べない=健康」は大嘘!!

現在、「コオロギラーメン」を販売しているのは、昆虫食レストラン「アントシカダ」を経営する「篠原祐太」です。

篠原祐太は、慶應卒の創価人脈で、これまで昆虫食を広める活動に尽力してきました。

○「特製コオロギラーメン」を食べてみた。ラーメン凪と昆虫食伝道師がコラボ

○食糧危機とフードロスを救う?一石二鳥の「昆虫食」

昆虫食の宣伝に度々登場する「長澤まさみ」も、同じく創価人脈である可能性が高く、実際、池田大作の隠し子である皇后・雅子さまによく似ています。

つまり長澤まさみも、池田の隠し子である可能性が高いというわけです。

また、長澤まさみは、創価企業の「東宝」が主催する「東宝シンデレラオーディション」を受け、史上最年少の12歳(小学6年生)でグランプリに選ばれ、芸能界入りしています。

「東宝」も、創価学会系の「シナノ企画」との共同製作で、池田大作の著書「人間革命」を映画化していますから、創価学会とはかなりズブズブの関係にあると言えます。

○Wikipedia-人間革命

昆虫食は、地球温暖化や食糧危機を乗り越えるために、食用肉の代わりとして提案された食材です。

しかし、環境問題や食糧危機に関する情報は、ほとんど全てが大本教や生長の家、創価学会などのカルト宗教によってでっち上げられたデタラメに過ぎません。

○RAPT×読者対談〈第69弾〉科学の嘘はすべて原発に通ずる。

○【地球温暖化は嘘!】注目される「昆虫食」

○【九鬼家・創価】気候変動サミットにビル・ゲイツも出席

しかも、肉の代わりに大量の昆虫を食べるなら、かなり大量の昆虫を殺して食べなければならず、それこそ食物連鎖に問題が生じ、かえって大きな環境問題へと発展する可能性があります。

それに何より、虫など食べて、誰が美味しいと思って満足できるでしょうか。

イルミナティは、私たちから食べる喜びや幸福すらことごとく奪おうとしているのです。

このように芸能人が不自然なほど大々的に宣伝しているものには、必ず何か“裏”がありますので、彼らの悪なる意図をすべて汲み取り、不自然なものは素直に不自然だと考えて、安易に手を出すことのないように注意しなければなりません。

○世の中、間違った健康情報だらけ。私が知った心身ともに健康になる唯一の方法。(十二弟子・エリカさんの証)

コメントを書く

*
*
* (公開されません)