RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【やはり創価、かつ出口王仁三郎の血筋】シンガーソングライター瑛人がコロナに感染

ヒット曲「香水」で紅白歌合戦にも出場した、シンガーソングライターの「瑛人」が31日、コロナに感染したと公式サイトで発表しました。

瑛人の所属事務所は、エイベックス・エンタテイメント傘下の『A.S.A.B』ですが、エイベックスは創価企業ですので、これまでコロナ感染してきた芸能人の例に漏れず、瑛人もやはり創価人脈の一員です。

○【創価企業・アミューズの捏造】阪本奨悟がコロナに感染

○【創価野球チーム】日ハムで10人がコロナに感染 試合中止へ

○【創価企業・ホリプロ】中尾明慶がコロナ感染 創価信者の上地雄輔に濃厚接触

○【やはり創価人脈】 俳優 中村蒼がコロナ感染

○創価コンビ NON STYLE石田、コロナに感染

○創価信者のNON STYLE井上、コロナに感染

○【またもや創価】お笑いコンビ・かまいたち、濱家隆一に続き相方の山内健司もコロナ感染

瑛人は、2019年にデビュー曲としてリリースされた「香水」が、SNS上で多くの芸能人にカバーされたことでブレイクし、昨年末に紅白歌合戦に初出場した、という“超スピード出世”を果たしました。

○Wikipedia -瑛人

○横山だいすけさんも! 大人気の楽曲「香水」をカバーした芸能人

https://twitter.com/otopaki/status/1130401492991561729?s=21

普通の庶民が曲を売り出したところで、多くの芸能人がこぞって曲をカバーするなど、普通はあり得ないことです。

ですから、瑛人もまた創価信者で、かつ上級国民である可能性が非常に高いと言えるわけですが、実は瑛人は「前澤友作」とそっくりです。

そして、その「前澤友作」は「出口王仁三郎」とそっくりの上級国民であることが暴かれていますので、瑛人もまた前澤と同じく、出口王仁三郎の子孫である可能性が高いと言えます。

〇【出口王仁三郎の子孫】前澤友作がISSへ 宇宙詐欺に本格参入

瑛人は、王仁三郎の子孫で、かつ上級国民だからこそ、創価学会の根回しによって、多くの芸能人たちに自身の曲をカバーしてもらうことができたわけでしょう。

今回、瑛人が創価学会のコロナ茶番に加担したのも、ブレイクをさせてもらった対価として創価学会の指示に従ったものに違いありません。

とはいえ、もう既に多くの庶民が、コロナが嘘だったことに気付きはじめていますので、どれだけ有名人を使ってコロナの恐怖を煽ったところで全くの無駄です。

コロナも、芸能人やミュージシャンの人気も、すべては創価学会が作り出したフェイクに過ぎません。

そして、彼の親戚である前澤友作が行こうとしている宇宙も同じフェイクです。

これ以上、創価学会による世論誘導やステルスマーケティングによって、私たち庶民がコントロールされることがないよう、一刻も早くコロナ茶番を終わらせ、同時に創価人脈だけが栄える各界の仕組みを破壊し、真に個性才能をもった人だけが栄える世の中へと作り変えていかなければなりません。

○【庶民もコロナは嘘だと知っている】緊急事態宣言延長後も、都市部で人出が増加 映画館やレジャー施設も営業再

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

それにしても、芸能界は出口王任三郎の子孫ばかりで嫌になります。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment